苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
あっちが上がればこっちが下がる
最近、学校の科目は社会科なのか総合科なのか(?)、学校の調べ学習のようなものを熱心にやっている様子。グループごとに住んでいる地域のことを発表するらしいのですが、調べる方法も自由だということで、放課後も集まってPCで検索したり、家族にインタビューしたり、学校のデジカメを借りて地域を歩き回ったりしているようです。

ただ放課後は自主的な活動なのでみんなの習い事の日程が合わず、下校から日没までの時間も短いので毎日少しずつ取り組んでいる様子。4年生になってからはこういう課外活動がよくあり、取り組んだ後は男女で仲良く遊んでいて微笑ましく見ています。

一時期辞めようかと思うほど低空飛行だったピアノは、ここ数ヶ月でまた意欲が上昇。他にもブラスバンドに参加したり絵を描いたり卓球をしたり。その代わりサッカーへの熱意が降下中。

あっちが上がればこっちが下がる。
最後に何が残るかはわからないけれど、本人がやりたいことをできるだけ応援して行きたいと思います!

いつか、点と点がつながるのかな



クリスマス・リーディングマラソンも走行中

(初読)

Liar & Spy
Interest Level:Grades 4 - 8
Reading Level:Grades 3 - 4
ATOS:3.8
Word Count:38293

この本を読み終えましたが同著者の『When You Reach Me』の方が面白かったとか。ネットの書評(日本語)ではこちらの本の方がすっと入ってきたという意見が多いのだけど、R太郎としては『When You Reach Me』の方が奇怪なストーリーで断然そちらに軍配が上がるのだそう。考えてみれば日本語批評は大人の英語学習者が書いているんですよね。海外の子どもの書評を読んでの本選びは、ママにはなかなかハードルが高いんだけどなぁ(^^;;)

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する