苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
新カリキュラムは1セット終了〜
始めたばかりの独自カリキュラムが1セット終了しました
この本を使用して、英検準1級の長文を読み、ディスカッションとライティング(宿題)に取り組み、最後に問題文を解くというものです。

先日のオンラインレッスンではディスカッションまで楽しく終了(過去記事)。今回はそれについての宿題のエッセイを書いていきました。

今回の長文の内容が「言語についての研究はまだ謎の部分も多いが、世界で原始的な言語を使う民族はひとつもない」というのに対し、エッセイのお題はディスカッション時に先生と盛り上がった話題に合わせて「私たちは方言を使うべきか」にしました。

原文には直接書いてなくても、そこから派生して盛り上がった内容で宿題に取り組めば、このテーマ自体に興味を持つのではないかと考えています。

このカリキュラムの目的は
「英検準1級で扱われる話題に興味を持ち、自ら調べ、意見を表現できるようになること」

即効性はない方法だけど目的は今すぐ英検に受かることではなく、長い目で見てその実力をつけることなので、楽しく続けられる方法を選んでいきます



そこで宿題に取り組む前に、以前親子二人旅をした時に耳にした津軽弁の話題になり、R太郎はYoutubeやネットで色々調べていたようで、そのエッセイを書いて提出しました。

内容は、
「日本には異なる164の方言があるが、他の地域の人々はほとんど方言を理解できないので、2つぐらいに絞って使い分ければ便利だろう。」
というもので、語数は83語(目標は準1級のライティングの120〜150語)でした。

方言を2つに絞るとか、、、内容的にはまだまだ大雑把で小学生感たっぷりですが、一応自分の意見としてしっかり書けたところに1回目としては二重丸

ただ2回目のレッスンでは、オンラインの先生にこのエッセイと次の長文を一緒に送ってしまったために、宿題の方はほとんど時間をかけてもらえず残念。R太郎には、次回はエッセイのチェックを頼むよう伝えました。(この辺の依頼がママができない分、R太郎は強くなってもらわなきゃ

レッスン後は、締めの長文の読解問題にも取り組みました。まだウォーミングアップ問題ということで2問しかついていないのですが、1問正解、1問不正解。。。ママも日本語訳で確認してみましたが、長文をさらっと読んでもすぐには正解を見つけられないような問題なんですね。準1級の問題はやっぱり難しいなぁ
不正解の問題も答えを知れば納得できたようなので良しとします

さて、第2回目の長文は「塩分の摂取を減らせば、高血圧と心臓病が減る」というお話。ディスカッションまではうまく運んだようなので、宿題も楽しく取り組めますように


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する