苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
英語育児9年半のママの英語力
週末、「友人が子どもを連れて遊びに来るから来ない?」とのご近所さんのお誘いでお家に遊びに行きました。

このご近所さん、ヨーロッパ出身の方なのですが、大抵は日本人のお友だちが遊びに来るので、「はいはーい♪」と軽い気持ちで出掛けたものの、今回はお国のお友だちだけの集まりでした

集まったお友だちの中に、まだ日本に住んで4ヶ月で小学生の男の子がいるご家族がいました。彼らは日本語がほとんど話せないのですがお子さんも含めて英語が話せるので、英語が話せるR太郎を遊び相手にっていうお誘いだったんですね

ママの拙い英語を見かねてR太郎がちょいちょい通訳してくれながら何とか暫く時間を過ごしたものの、R太郎とその男の子が「外であそぼー!」と出て行ってしまってからは英語で頑張るママ(汗)

外ではキャッキャと楽しそうなR太郎たちの声。ご近所さん、こんな機会をくれてありがとう〜

でもね、、、
彼女のお国の方々の集まりなので、大人同士は徐々に母国語にシフトするわけです。そうよね、そうよね。久しぶりに思いっきり母国語でおしゃべりしたいよね
もっとママが英語ペラッペラなら英語も挟んでって感じになるのかもしれないけどね。

途中からは97%くらいお国の言葉。
いんやーわからない。。。。。
本当に何ひとつ単語がわかんないけど、身振り手振りでみんな楽しそう〜!!!だからみんなが笑ったのに合わせて一緒に笑っちゃうんだけど時々通訳してくれる人がいて、「あーやっぱりそんな感じのこと話してたのね〜」と。
で、ご近所さんはそこでケラケラ笑ってるママを自然に受け止めてたみたい←もっと通訳してくれてもいいよ

もうこのご近所さんとの付き合いも10年。この国の言葉もちょっとは勉強しようかな〜
あ、英語から先にもっと話せるようになりなさい

子どもと一緒にママも英語を勉強しちゃお♪と始めた英語育児はもうすぐ10年。R太郎の成長に反して、自分の英語力には努力できなかった苺ママでした

ところで、お外で遊んでいたR太郎くん達はとっても仲良くなったようで、ご近所さんからは「今度は彼のお家に一緒に遊びに行こうよ!」とメールが来ました。

あははは、R太郎だけじゃダメかしら。。。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する