苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
オンライン英語と苦悶中の公文
苦悶中の公文が週2日あるおかげで、オンラインレッスンも週1回25分だけになっています

これでは毎日だからこそ格安のDMMの利点が全く生かせてないので、公文を続けている間だけでも他のオンラインを受けようかと検討中です。

候補は以前も受けていたeigox(エイゴックス)。週1回ならネイティブの先生なのにDMMより安いんですね

もう一社は、オンラインで小学生にアクティブラーニングのグループレッスンを60分間するというLEARNie(ラーニー)という会社。ただ、興味を持って問い合わせてみるも、現在のところまだ中学生レベルの英語までの対応で英検2級レベルの子は対象外ということ。残念

英検2級を持っていて、友だちに「スゴイ!」と言われる以外に使えるのは、英語教室やイベント参加の問い合わせの時です。今までも体験前に英検2級を持っていることを伝えると、募集要項にはないアドバンスコースへの体験レッスンに変更してもらえたり、本当は参加対象外の年齢でもイベント参加させてもらえたりとレベルに合った体験ができました。

と、いっても英検の合格証の提示を求められるわけではなく、あくまでレベルの目安なので、イベント参加申し込みの時に「うちの子は英検○級ぐらいの英語力があります」と伝えることで、参加後ムダだったとがっかりすることは少なくなるかもしれません。



ところで公文は来月辺り小学校課程が終わったら辞めるつもりですが、ここに来てR太郎が自ら図書館で公文の宿題をするようになりました。

図書館だと誘惑がないし、周りの中高生の話を聞きながら勉強するのって楽しいんだよ。」だそうで。実は校庭開放や児童館でも試したけどうるさ過ぎてダメだったと。嫌がってるだけじゃなくて、知らないところで色々試行錯誤してたのね

なるほど。リビング学習を続けて来た我が家だけど、R太郎には図書館や自習室で学習するのが合うのかな。中学以降の学習の場の参考にしたいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する