苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
オンライン留学元年
コロナ禍で、日本のみならず海外の多くの語学スクールがオンライン授業を提供し始めています。

家にいながら世界中の国からのクラスメイトと一緒にレッスンが受けられるのが魅力。しかも十代の子ども向けなら、去年まではリアルに開催していた留学生向けのサマーキャンプをオンライン上で開催するスクールも多いようです。今までも開催していたスクールはあるのでしょうが、今年は「オンライン留学元年」といっても良いのでは



そこで、遠出の予定のないこの夏休みに、R太郎が夜だけ参加できるプログラムはないかと探してみました。

条件を、1週間か2週間、長くても1日2時間ぐらい、日本時間の19時以降で、、、と探すと結構絞られてしまいます。オンライン留学でネックとなるのは時差ですね〜

我が家の条件に合いそうなのはイギリスのスクールで、2校に問い合わせた内の1校に決めたのですが、今回は見合わせた1校からトライアルのお誘いをいただいたのでそちらも受けてみました。

このスクールでは、サマーキャンプでクリティカルシンキングを磨きディベートに取り組むクラスがあったのですが、8月は一般英語クラスのみの開催とのこと。しかもお楽しみプログラムである金曜夜のパーティーは、日本時間だと真夜中なので残念ながら参加不可能なんです

それはさて置き、今回は一般英語クラスにZOOMで入ってみると、同年代の子が10人ぐらいで日本人はR太郎だけ。お昼のヨーロッパからの生徒が多いので、日本は今21時半というだけで「わぁ〜すごい!」という反応でした 

この日はスコーン作りの日でみんなキッチンから授業参加。先生(もちろんブリティッシュ・イングリッシュ)からイギリスの文化を教わったり、各国のティータイムの話をインタビューされたりしながら作業をします。メールでR太郎の英語レベルを伝えてあったからか、クラスメイトは普通に英語が話せる子ばかりですが、材料をコネコネしている時間も長く緩〜い感じ

最後は出来上がったスコーンをみんなで食べてハイチーズ

英語力の伸長ではなく国際交流という意味では楽しいプログラムで、R太郎もスコーンを頬張りご満悦でした



今回はプログラム内容もあって、R太郎はママが近くで見ているのを仕方なく受け入れましたが、普段は見るのはNGのお年頃。ママも久しぶりに様子が見られて楽しかったなぁ

週末は、実際に参加するつもりのもう1校のレベルチェックです。1週間のみの参加なのに45分間のテストを受けるそうです。こちらは少しきっちりしている印象ですね。オンライン留学、探せばいろんな学校やクラスメイトに会えそうです



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する