苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
ORTのStage4&5
図書館でお取り寄せ予約をしていたOxford Reading Tree(ORT)が届きました。Stage1は今rincoさんからお借りしているので本当はStage2か3ぐらいを読みたかったんだけど、それはまだ予約順番待ち。今回届いたのはStage4&5でした。

Oxford Reading Tree: Stage 4: Storybooks: Pack (6 Books, 1 of Each Title)Oxford Reading Tree: Stage 4: Storybooks: Pack (6 Books, 1 of Each Title)
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る

Oxford Reading Tree: Stage 5: Storybooks: Pack (6 Books, 1 of Each Title) (Oxford Reading Tree)Oxford Reading Tree: Stage 5: Storybooks: Pack (6 Books, 1 of Each Title) (Oxford Reading Tree)
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る


ORTは最初の方のステージは、どこから読んでもOKなのだそうですが、ORTサイトによるとStage4からは続き物。本の裏に1~6までの番号が振ってあります。



で、Stage4の1から順番に読んでみたところ、、、、、
偶然だけど、Stage4と5が一緒に届いて良かった!!!!

Stage4はKipper一家が新しい家を購入する所から始まります。古い家を家族みんなが気に入って、自分たちの手で直して、新しい壁紙を貼り替えたりと楽しそう。余談だけど、苺家も実は同じ様にボロ家����を自分達で直しながら住んでいるので、このお話に共感しちゃう所があったりjumee��faceA103

そんな日常生活の、きっとイギリスでは普通~の生活が途中から一変します!そう!ORTと言えば「Magic Key」の登場です!Magic Keyの存在は知っていたけど、どのステージから登場するのか、一体どんな物なのか等々、よく知らなかったので「ここで出てくるんだ~」って感激しちゃった苺ママ。

R太郎はStage1と1+を全巻自分で読んだこともあって、Kipper一家のストーリーは全て興味があるのですが、「Magic Key」の登場で急激に話しが広がって楽しそうです♪
ドラゴン、海賊、魔女…と、今までの雰囲気とは一転!
どこまで理解して喜んでいるのかわかりませんが…。


それから、このStage4&5はまだまだ読み聞かせ用かなぁとも思っていたのですが「R太郎くん読む!」と、とっても積極的にチャレンジし始めました。

↓そしてこの本が読めました!
Oxford Reading Tree: Stage 4: Storybooks: the New House (Oxford Reading Tree)Oxford Reading Tree: Stage 4: Storybooks: the New House (Oxford Reading Tree)
(2003/09/11)
Roderick Hunt

商品詳細を見る

立ち読み&試聴はコチラ→
(Stage4でも、1文1文はそれほど難しくはありません。)

Stage2か3辺りから買い始めようと思ってたけど、もしかしてStage4からでもいいのかな…


ORTを今まで気になりながらも買わなかった理由は、1ページ数行の薄い本6冊セットでこの金額は割高感があること。なのに一度はまったら次々と買いたくなるだろうこと。中学・高校ではアメリカ英語を習ってきたママもピンと来ないようなイギリス英語が入っていたこと(「Cross=怒る」とか)、、、、と実は色々あります。

でも1冊の中で子供と色々お話しができるし、何冊も読んでいく内に他のお話しとの共通アイテムや文章が出て来て「ぼくこれ知ってるよ!」的な満足感や安心感があるっていうのかなぁ。低めのレベルで一度読むのに慣れキャラクターを好きになったら、ちょっと自分の能力より上のレベルでも読もうとする意欲を感じました。

それにしてもこのツリー図、、、、分かりやすいのか分かり難いのかjumee��faceA109
「Biff, Chip & Kipper Storys」というのが巷で「ORT」と言われるKipper一家のお話でしょうか???? これ、全部買ったら苺家のボロ家の床は確実に抜けます…jumee��faceA137

やっぱり、はまると大変そうなORT。R太郎の輝く目を見ながら、手を付けるべきか迷い続けるママなのでした。。。。。



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ


関連記事
コメント
この記事へのコメント
読めるなんてすごい!
読めるなんてすごいですね!
うちは、まだまだ先かな。

cross が、イギリス英語だって知りませんでした。てっきり世界共通化と・・・!!

トーマスに異様に出てくるので、うちの子もすっかり覚えていますが。
2009/04/22(水) 08:48:52 | URL | kids+moms #mQop/nM.[ 編集]
そうなんだ!
Stage4でもこんな感じなんですね。
意外でした・・・。
ちゃんと計算されているのでしょうが
この薄さこの内容だと正直物足りなく感じます。
値段が値段ですからね^^;
けれど多くの方が支持するだけのものが
きっとあるのでしょうね。

すごく参考になりました☆
2009/04/22(水) 13:03:16 | URL | Carriexxx #sCdCES4I[ 編集]
ORT悩ましいよね~
我が家もORT少し持ってます。
長女が、3歳頃によく使いました。
今は、次女(2歳)の教材になっています。
運よく、プリスクールに全巻揃っていたので、多分全部読んだことがあります。
Magic keyのストーリーは、娘は理解できていたのか?疑問ですが、楽しいですよね。
もうちょっと安ければいいのに!
何で高いんでしょうね?
2009/04/23(木) 00:59:13 | URL | 普通のママ #MiGEEDp.[ 編集]
★kids+momsさんへ
今の時期は読み聞かせやかけ流しが良いとは聞くんですが、読むことには驚くほど意欲的なんですよね~(^^)
だから最近は思い切って読むことに力を入れています。

>cross が、イギリス英語だって知りませんでした。てっきり世界共通化と・・・!!

crossがイギリス英語というのはORTを解説した本で知りました。
kids+momsさんが共通語かと思うほど使われている単語なんですか!トーマスにも沢山出てくるとは、、、、あれだけ一緒にDVDを見ていても全く気がついていませんでした(^^;)またまた反省…
2009/04/23(木) 07:59:56 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
★Carriexxxさんへ
>Stage4でもこんな感じなんですね。
意外でした・・・。

そうなんですよ!この本はStage4でも特に読みやすいとは思うけど、それでもこんな感じ。買うならCDもと思っていたけど、Stage4&5くらいならまだまだママでも読めそうです♪

元々「Reading」用なので、ステージが上がって、1ページの行数は増えても1文の難易度はとっても緩やかに上がっている印象を受けました。

ORTは割高感は否めないのですが、読むことを始めると、レベルに合った絵本がなかなかないんですよね…簡単そうな絵本でも、意外に難しい単語や文章が入っていて、そこでつっかえて途中でやめたり。

それに比べてORTは、自信を付けながら確実に読めるようにして行けるように出来ています。さすが多くの支持を受ける教材だとは思うのですが、、、う~んちょっと高いですよね(^^;)
2009/04/23(木) 08:13:16 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
★普通のママさんへ
うちのプリスクールでも、メインにこの本を使うと言っていたので、今後読んでもらうことになりそうです。でも、実際に読む練習をするには家にあった方がいいですよね~

、、、が!本当になんでこんなに高いんでしょう!イギリスの小学校の8割が採用しているのであれば大量生産でもっと安く売れるはず!、、、などと考えてしまうんですが(^^;)

Magic keyのストーリーも、どこまで理解しているのかわからないけど子供にはウケルみたいですね!もう少し大きくなると、ハリーポッターなんて難しくても子供達は頑張って本を読むようになるんですものね。まさに魔法の力です~(笑)
2009/04/23(木) 08:25:09 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/271-48d4716b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック