苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
アメリカ英語?イギリス英語?
ゴールデンウィーク中に借りた『Charlie & Lola』のレンタルDVD。きかんしゃトーマス、サンダーバード以来のヒット?という程よく観ているので、この前借りれなかった1巻目も借りて来ました。

チャーリーとローラ 1 [DVD]チャーリーとローラ 1 [DVD]
(2007/11/21)
ローレン・チャイルド

商品詳細を見る


もちろんこれも大喜び!
7つのお話を何度も何度も繰り返し観ています。



このDVDの1話目は、原作の絵本がイギリスのケイト・グリーナウェイ賞を受賞した『I Will Not Ever Never Eat a Tomato』 も映像化されています。

で、それを観てまたまた大興奮だったんだけど、
「あれ?」とR太郎。

「『I Will Not Ever Never Eat a “トマート”』だって。日本語みたいだね~」

ほんとだ~
日本語では“トマト”、英語では“トメィト”と違いが分かってきたR太郎ですが、チャーリーとローラは“トマート”と言ってる!!!!

調べてみると、イギリス英語では「トマート」に近い発音なんですね!知りませんでした。
「チャーリーとローラや(きかんしゃ)トーマスのお国では“トマート”だけど、(おさるの)ジョージのお国だと“トメィト”って言うんだって」と教えると「ふーん」と納得いかない様子。



それからはママが「トメィト」と発音すると「トマートだよっ!」と直されますjumee��faceA105

今まで、アメリカ英語とイギリス英語を特に考えもなくごちゃ混ぜに触れさせていましたが、こうなるとどっちかメインで聞かせた方がいいのかなぁ、とも思ったり。

R太郎のプリスクールでは、アメリカ英語圏とイギリス英語圏の先生がいて、以前は担任制をとっていたそうですが、イギリス英語担当の子供がアメリカ英語を聞いてわからなかったりしたそうで、今は持ち回りで教えてくれています。同じ英語でもそんなに違うんですね…

我が家は、特にイギリスに強い思い入れがあるわけでもないし、イギリス人との付き合いがあるわけでもないので、メインとして選ぶならやっぱりアメリカ英語でしょうか?R太郎がイギリスアニメばかりが特に好きそうなのは気になりますが(笑)




そんな事をあれこれ考えていたら、このDVDの特典にタイムリーな映像がついていました。

チャーリーがアメリカ英語で喋りなさいと言われ、イギリス英語で「Post Box」というポストをアメリカ英語「Mail Box」と言おうとして、笑ってどうしても言えない…

こんなに違うのかな?アメリカ英語とイギリス英語。
実際に使っている人達の感覚ってどんなものなんでしょうね~?



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ







関連記事
コメント
この記事へのコメント
私も
どっちがいいのかなって最近気になっていました。
子供向けの教材(に限らず)アメリカ英語が中心になってますよね。
今ORTを使ってるのですが、選んだ理由がイギリス英語もアメリカ英語も両方CDに入ってるからだったんです。
ですがステージが上がるとイギリス英語だけになるみたいだし。
イントネーションが違ったりするし、使ってる英語も微妙に違ったり、同じ英語でも違いますよね。
私はちなみにカナダ英語が一番分かり易いです(笑
やっぱりアメリカ英語?なんて悩んでいる今日この頃です。
2009/05/25(月) 21:18:04 | URL | maple #-[ 編集]
こんばんは♪

そういう問題もでてくるんですね~。
たぶん私はアメリカ英語かも・・・。
という程も喋れませんが聞きなれているのは
アメリカ英語のような気がします。
教材、DVD、絵本も色々あるようですが
どちらかに一貫した方がいいのでしょうか。
どちらも適当に解るようになんて都合がよすぎる?^^;
イギリス英語はキレイだと聞きますが。
今まで特に考えずにきたのでその辺も
しっかり考えていこうと思います☆
2009/05/25(月) 21:50:25 | URL | Carriexxx #sCdCES4I[ 編集]
そう言えば
苺ママさんのブログを見てから、我が家の娘たちもチャーリーよく見ています。
そう言えば、英語でトマトと言う時に「トマート」と言っていました。
私はそこだけ日本語じゃん。
と思っていたのですが、もしかしたらチャーリーの影響?
幼稚園に入ってから、少し英語が怪しくなってきた長女なので、真相は分かりませんが。。。
もしそうなら、恐るべし子供の吸収力とヒアリング力ですね。

我が家は特にイギリス英語・アメリカ英語気にしていません。
使いたい方を使っちゃってます。
でもアメリカ英語がほとんどだと思いますが。
2009/05/25(月) 23:21:43 | URL | 普通のママ #MiGEEDp.[ 編集]
言語は人格の一部
我が家ではアメリカ英語(米語)のみを選別して子どもに与えてきました。
理由は、生活する上で必要と思われる言語が米語だったからです。
米語とイギリス英語(英語)、発音だけでなくて表現も全く違うこともたくさんあるし、綴りまで違うものまであります。
同じ英語とはいえ、別の言語の感覚です・・・私にとっては。

大きくなると、しゃべり言葉や書き言葉・・・ってその人の人格の一部分として国際社会では評価される場面もたくさんあります。その人のバックグラウンドが反映されます。
例えば・・・大阪弁と福岡弁をまぜこぜに話している人って、まずいませんよねぇ。混ざってしゃべると、『なに~、それ??おかしい(爆笑)』なんて、からかわれちゃう。それと同じ感じだと。

お友だち(駐米の大人)ですが、しゃべり言葉は米語なのに、書き言葉が英語で笑われたといっていました。それくらいおかしなことのようですよ。

アメリカで出版されるイギリスの書籍(ハリーポッターやRainbow Magic, Spotシリーズなんかもそうです)などでは、わざわざ米語に書き直されて出版されていますし、テレビ番組(Maisy, Teletubbiesなどほかにもたくさん)もわざわざ米語に吹き替えられて放映されています。
アメリカですらそうですから。米語と英語は別言語・・・という認識が国際社会のようです。


2009/05/26(火) 02:39:07 | URL | ゴリママ #-[ 編集]
★mapleさんへ
ORTは私も英語育児を始めた当初からずっと気になっていたものの、単語がイギリス英語特有のものが多いため使うのを躊躇していました。先日絵本と一緒にStage1と1+のCDを借りたのですが、おっしゃる通り米英2つの音声が入っていたのでこれはいいなぁと思っていました。
ですが、ステージが上がるとイギリス英語だけになっちゃうんですか~!( ̄Д ̄;)

カナダ英語。私はカナダに行ったことがないのですが、アメリカ英語ともまた違うんですね。色んな国の言葉に触れるのも良いですが、ある程度はメインを考えた方が良いのかもしれませんね。
2009/05/26(火) 07:19:35 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
★Carriexxxさんへ
>どちらも適当に解るようになんて都合がよすぎる?^^;

私も今までそう考えていたんですが、これからもっと理解できるようになったら混乱するのかしら?と思ったり…

なんだかんだ言って、日本においてはアメリカ英語が主流ですよね。今はどんな国の英語にも比較的簡単に触れられる時代なので、親の私達がある程度決めて与えた方がいいのかもしれません。

と、言っても「イギリス英語のDVDは絶対みちゃだめよ!」なんて事は間違ってもするつもりはありませんが(^^;)
2009/05/26(火) 07:44:42 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
★普通のママさんへ
>そう言えば、英語でトマトと言う時に「トマート」と言っていました。

あわわわ…なんだか責任を感じちゃいます(^^;)
恐るべし子供のヒアリング力!
しかも一度覚えた単語も、
その都度修正しながら習得しているのかも知れませんね!

今回の一件で、
米英どちらか選ぶにしても、気にせず使うにしても、
こういう違いを意識しながら触れさせていこうかなと思いました!
2009/05/26(火) 11:08:29 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
★ゴリママさんへ
初めまして!
コメントをいただきましてありがとうございました。

「言語は人格の一部」
とても考えさせられました。
私自身が英語では思うように話せないため、今まで「英語ができるようになってくれればいい」という程度しか考えていませんでした。

でも本当に将来喋れるようになったら今度は次の課題。「どのような英語を使えるか」という問題になってくるんですね。

もちろん、話す&考える内容が一番大事ではあるのですが、例え同じ言語を使っていても、知らず知らずの内に相手もそのバックグランドを感じながら受け取るのかもしれませんね。

>しゃべり言葉は米語なのに、書き言葉が英語で笑われたといっていました。

なるほど~!!!!
それくらい可笑しいものなんですね。
日本の方言に置き換えると、よぉ~くわかります!

そう言えば、ハリーポッター1巻「賢者の石」の副題が米英で異なるのが不思議に思ったことがありましたが、中身も書き直されているんですね(°▽°;)

本当に勉強になりました。ありがとうございました!
2009/05/26(火) 11:37:01 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
こんばんは。

うちの子は担任が英語を話すので英語系です。can't はカーント、often はオフトゥン。

我が子ながら鼻に付くのですが、周りがそういう発音で話すのを耳コピして話していますから、米語に矯正するのは不自然だと考えてます。

イギリス人の子どもが同級生の影響で好ましくない英語を話すようになり、下の階級と勘違いされたら困るから転校させるという話を聞いたことがあります。

それは英語や米語をネイティブで話すガイコクジンの文化背景があっての問題ですから。
仮にバイリンガルだとしても、我々日本人が第二外国語として英語なり米語を習得するという過程で、そこまで他人様の文化を真似っこする必要性を私は感じません。

うちの子供も成長するなかで色々な環境に置かれると思いますが、周りの言葉に影響を受けて話す言葉も変わっていくと思いますが、それは自然なことだと思います。

スミマセン。うちの子、英語や中国語を話しますけど日本人なんで。
2009/05/28(木) 01:46:43 | URL | バイリンダディ #-[ 編集]
で、私の意見
途中で送信してしまいました。

英語か米語かの選択は、今、目の前にある教材をやればよい、ということです。
言葉なんて幾らでも変わっちゃいますから、あまり気にすることはないのではと思います。

米語を話そうが、英語を話そうが、我々は日本文化を背負った日本人です。
2009/05/28(木) 02:01:39 | URL | バイリンダディ #-[ 編集]
★バイリンダディさんへ
コメントをありがとうございました。
海外で英語環境にいらっしゃる方の意見を伺えてとても参考になりました!

実は、私もこの数日この問題をあれこれ考える中で、バイリンダディさんと同じ様な結論に達しまして…。それをまた日記にしたいと思っています。

日本文化を背負った日本人として、R太郎も育てたいと思っています。力強いコメントに感謝します!!!
2009/05/28(木) 06:37:48 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
確かにアメリカ英語とイギリス英語は全然違いますよね;)
オーストラリアやカナダも違うみたいですしw
でもたまにならイギリス英語を聞いてみたり知ったりするのも良いと思いますよ♪
同じものでもこんな言い方なんだって解ったりすると楽しいと思いますよ:D
2009/06/02(火) 10:32:19 | URL | masami #ml11wJak[ 編集]
★masamiさんへ
いつもコメントありがとうございます♪

一口に英語と言っても、お国によって本当に違うものなのですね。確かに同じ物でもこんな言い方なんだぁーと発見するのは、大人以上に子供の方が楽しいかもしれません。

今回の件では色々な英語に触れて、それぞれの国に興味を持つのもいいかなぁと思いました(^^)b
2009/06/03(水) 06:22:57 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/287-2e8884f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック