苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
3歳半からの家庭英語
もうすぐ3歳半になるR太郎。いま親子英語ブログ村でも話題沸騰中の『4歳の壁』に日に日に近づいています。

そんな先輩ママ&パパさんのブログを拝見すると、英会話スクールやプリスクールに通わせたり、外国人の友達を近所に作ればその壁も小さくなるという意見が共通しているように感じます。我が家の場合、R太郎は今年からプリスクールに入園、取り敢えず4歳になる来年一年もプリに通う予定。

それじゃあ4歳の壁はない?やったー!!!!

…いや、ちょっと待て?それで喜んでいていいのかな?なんて考えます。確かに、外国人講師や英語を話すお友達に定期的に触れて、英語のアウトプットの場があるのは重要です。

でもプリスクールに通うR太郎だって最近、ママが英語で話しかけると「日本語で言って!」ということも増えたし、英語のDVDを掛けていても「日本語で観たい!」ということも多い。4歳に近づくこの年齢で、自分がより良い方向へ成長したいという本能だと思います。

経済的、時間的に英語のアウトプットの場を子供に与えてあげられるのは難しい家庭も多いはず。我が家も保育園に通っていた去年まで、ママの仕事も忙しく、英語教室に通わせる時間も悩んだ程でした。

今、プリスクールに通わせている我が家だって、年中さんからは日本の幼稚園に転園するかもしれないし、小学校は近所の公立に入る予定なので、その後充分な外部の環境が与えられるかどうかはわかりません。



私の今までのテーマはあくまで「親子英語」であって、親子で楽しめなければ意味がなく、万が一何かのきっかけでR太郎の英語力が泡と消えてしまっても、赤ちゃんから就学前のこの時期に一緒に何かに取り組んだ思い出がお互いの心に残ればいいと思っているくらいです。それじゃ、そんな視点で家庭での親子英語を見直してみるとどうなのでしょう?

「日本だから日本語がイイ!」と言われた時それは「成長の証」として喜ぼうという結論に達しました。

成長の証。知能が高度になったということ。
それじゃあ今までのように、ただ英語の教材DVDを見せるだけ、単語カードで覚えるだけ(←これはうちではやっていませんが)、本で覚えてきたママの拙い英語での語りかけ…
そういう幼児親子英語の王道とされてきた事だけを続けていていいのかなと最近考えています。

その知力は何を欲しているんだろう?それを考えながら今までのやり方を変えていくのが、4歳の壁の前の3歳半からの英語育児かな。

最近のブログでも書いていますが、マイブームのScience、Cooking、ORTなど絵本や英語の図鑑を使ってのレゴ作り。どれをとっても英語モードになります。ママが日本語で話すと、「英語でいうと何て言うの?」と聞かれるほど。そして、それをしている時のR太郎の目つきったら!明らかに普段よりきらきらと輝いています!!!!

パパが作ってくれた段ボールの電車にR太郎がクレヨンで色をつけました。片面が緑の山手線、もう片側はフランスのTGV、正面はアメリカのAmtrackに!「電車の横には名前が大きく書いてあるんだよ。」と図鑑を見せると、R太郎は頑張って「TGV」と大きく側面に書きました。「G」がよく分からなくて「ママ、書いて~(>_<)」と泣きましたが。

なんだか取り留めもない内容になってしまいましたが、英語がわかれば広がる知識、英語がわかれば興味の出てくる物事、もっと知りたい、もっと楽しみたい!そういう事を大事にしながら、方法を少しずつ変えていかなければいけないな、と強く感じるこの頃です。



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ




関連記事

テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
すばらしいです」!
すばらしいです!

英語だからこそ、得られる知識!!
沢山ありますよね!

特に英語は話している人口も多いですから、本もテレビもいろいろな情報が日本語のそれよりも多くあると思います。

また、外国のことは、その国の言葉で知るのが一番ですよね。

子どもの興味のある所!

これがポイントですよね。
2009/10/01(木) 22:02:45 | URL | kids+moms #mQop/nM.[ 編集]
★kids+momsさんへ
いつまでも英語を始めたばかりの方法では、4歳でなくても必ず伸びなくなると思うんです。

英語だからこそ得られる知識があることを肌で感じていれば、自然に英語にも目が向くのかなぁと。

子供は興味を持っても、まだそれをどうやったら広げていけるのかを知らないので、英語と共にそれをサポートしてあげられれば良いですよね♪
2009/10/02(金) 12:11:58 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/356-cff71688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック