苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
良書探しのママ多読 (8冊目)
お次はもう一冊Arnold Lobelを読もうかと思いましたが、すぐ読めてしまいそうなので、まずはこの本から!



Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark (A Stepping Stone Book(TM))
(1992/07/28)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

●ストーリー
8歳半の男の子Jackと7歳の女の子Annieの兄妹は近所の森で遊んでいる途中、高い木の上に作られたツリーハウスを見つけます。制止するJackを振り切り中に入るAnnie。そこにあったのは沢山の本でした。本が大好きなJackも思わず中に入ります。恐竜の本を開き「こんな恐竜をこの目で見てみたいなぁ」と願った途端、2人はツリーハウスごと恐竜時代にタイムトリップ!そこで大冒険が始まります…

●語数/ママ多読の総語数
4,750語/41,270語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 3.0 (レベル3)

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
小学校低学年から



チャプターブックとして大人気のシリーズ第1巻。5巻から8巻をブックオフで手に入れたものの、やはり1巻から読んだ方がというお友達からお借りしました♪ なるほど面白い!

ストーリー展開も早く、一冊の語数も多くないのであっという間に読めてしまいます。こういう本は特に男の子は大好きなんじゃないのかな。

欧米の子供の秘密基地・ツリーハウスがタイムマシーンの如くどこへでも行けるということはもちろん、冒険で出会う物もとてもリアルに感じられワクワクします。

Jackは研究好きならしく、今回は出会った恐竜の印象などを思ったままノートへ記しているのですが、それが手書きのメモとして文章の途中で載せられていて、翼竜プテラノドンは毛がフサフサで良い子(?)だとか、ティラノサウルスは一口で人間を食べてしまうから死にもの狂いで逃げなければ!など、読み手は図鑑で観る恐竜の存在より実感できるのです。

ところで、このシリーズには日本語版がでているんですね。
恐竜の谷の大冒険  (マジック・ツリーハウス (1))恐竜の谷の大冒険 (マジック・ツリーハウス (1))
(2002/03/29)
メアリー・ポープ オズボーン

商品詳細を見る

イラストまで日本人が描き直しているようです。確かに原書のJackやAnnieのイラストは日本人のとしては「可愛い♪」とは言い難いですが、このイラストもどうなんでしょうかね…。苺ママとして原書の方がリアルな“土臭さ”を感じるのですが。


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

関連記事
コメント
この記事へのコメント
日本語版!
こんなイラストだったんですね~初めて見ました!
しかもアニーとジャックの着せ替え人形までついてる~!!
確かに原書も途中からコスプレの要素が出てくるけど(^^;)

ずっと挿絵がかわいくないなーと思いながら読んでて最近やっと慣れたけど、
こっちのアニメ絵に比べれば大人としてはまだ抵抗が少ないかも。

ここまでキャラが違うとほんと別物ですねー
しかも翻訳もどんどん新刊が出てる!人気あるんですね(^^)
2009/12/05(土) 11:56:11 | URL | モト #LvECUUZU[ 編集]
★モトさんへ
お陰様で1巻から楽しんでいま~す!ありがとうございます。

それにしても、このアニメ系はどうも…(^^;)
イラストメインの本じゃないけど、いくつかのイラストでも子供が想像する世界に大きく影響してくると思うんですけどね~

2009/12/05(土) 14:33:45 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/396-227585b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック