苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
良書探しのママ多読 (11冊目)
Magic Tree Houseシリーズも区切りの第4作目を読み終えました。


Magic Tree House #4: Pirates Past Noon (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #4: Pirates Past Noon (A Stepping Stone Book(TM))
(1994/03/08)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

●ストーリー
今度は南の島へ行きたくなったJackとAnnieの兄妹。いつものようにツリーハウスで太陽の輝くビーチへ。けれど二人が選んだ本は「カリブの海賊」だったのです!二人は、他の海賊の隠した宝を探している海賊達に捕らわれます…。

●語数/ママ多読の総語数
5,270語/57,240語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 3.5 (レベル3)

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
小学校低学年から



Magic Tree Houseシリーズは第1~4巻、第5~8巻とボックスセットでも発売されていますが、その意味がわかりました! 第1巻からずっと謎だったマジックツリーハウスの所有者が第4巻で明かされます。今後はまたどの様な展開になるのか分かりませんが、第5~8巻もきっと何か繋がりのあるストーリーなのでしょう。

それから今回は読みやすさレベル(YL)は他の3作と同じ 3.5程度ですが、海賊弁(?)がよくわからず前後から推測して読む事もありました。子供達が読む時はどんな風に理解するのでしょうか? この本を手にする前にアニメや絵本などで海賊の話し方に慣れているとわかるのかしら?

あとは、もう少し海賊の生活の描写とかあってもいいかな。今までの「恐竜」「中世の城内」「ピラミッドとミイラ」という壮大なテーマに比べたら“いかにもな海賊の船長と子分達”というだけの描写でちょっとお粗末(^^;) 「Pirates」は子供が好きなテーマには違いないから、ただの物語として読めば面白いんですけど…。


さて『Magic Tree House』シリーズも取り敢えず一旦お休み。
次は、たまたまブックオフで買った『Marvin Redpostシリーズ』第1巻。全く知らなかったのですが、多読入門書としてお勧めのシリーズらしいです。YLはレベル2なのでMagic Tree Houseより簡単そう。今から読むのが楽しみです♪


【関連記事】
『Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark』
 シリーズ第1巻の紹介
『Magic Tree House #2: The Knight at Dawn』
 シリーズ第2巻の紹介
『Magic Tree House #3: Mummies in the Morning』
 シリーズ第3巻の紹介

★良書探しのママ多読 本棚
 http://booklog.jp/users/mamatadoku


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
わ~~すごいペースで読んでますね~~!!
見習わなくちゃ~~(^^;;;

私も読もうかな~と思いつつ全く読んでない私・・。
頑張ろう★

また色んな本の紹介、楽しみにしてます!
2009/12/13(日) 12:50:39 | URL | りゅうママ #-[ 編集]
★りゅうママさんへ
5,000語程度だとそろこそ数日で読めちゃいます。りゅうママさんなら立ち読みぐらいの時間で読めると思いますよ♪

ブログに紹介してみなさんにコメントをいただくと、続けて読もうとうモチベーションに繋がっています。これからも頑張って紹介して行きますよぉ(^o^)
2009/12/14(月) 00:38:03 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/403-31ff2a0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック