苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
良書探しのママ多読 (14冊目)
今回も小学校中学年向けの薄い本を読みました。人気ミステリー・A to Z Mysteriesシリーズ第3作目です。



A to Z Mysteries: The Canary Caper (A Stepping Stone Book(TM))A to Z Mysteries: The Canary Caper (A Stepping Stone Book(TM))
(1998/03/03)
Ron Roy

商品詳細を見る

●ストーリー
Dink、Josh、Ruth Roseは仲の良い子供探偵3人組。ある日、近所の女性が飼うカナリアとRuth Roseの愛猫がいなくなります。そして彼らの住む町で次々と起こるペットの失踪事件…。ペット達は盗まれたのか?何の為に?そしてRuth Roseの愛猫は戻って来るのか…

●語数/ママ多読の総語数
8,262語/76,830語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 3.5 (レベル3)

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
小学校3年生ぐらい



ブックオフで購入。
このA to Z Mysteriesシリーズはその名の通り、AからZの各文字がタイトルについています。『The Absent Author』、『The Bald Bandit』、今回の『The Canary Caper』、『The Deadly Dungeon』など…の26冊に続編も出ているようです。タイトルも頭文字に拘っていると思ったら、作者の名前もRon Royですって(^_^)
(他の本の内容はここでチェックできます。)

3人の内の紅一点Ruth Roseは推理力も行動力もあり、いつも上から下まで同色の服を着ているなど面白いキャラなのですが、どうも男の子達の性格が読めなかった…なんだか二人とも似たようなちょっとボンヤリさんで、Ruth Roseにずっと圧され気味でした(^^;)

このシリーズは初めて読んだのですが、やはりいきなり第3作目というのは3人の性格や探偵団結成秘話あたりの事もわからないし、なかなか入り込んで行けませんでした…。でも人気シリーズのようなので、近い内に第1作目も読んでみようと思います。




さて、いよいよ次は『Charlie and the Chocolate Factory』に挑戦!
パッと見、厚い本です。しかも文字も今までの本に比べて小さい!
途中で断念するかも知れませんが、それはそれで報告します!頑張るぞぉ~


↓前回の日記で多くの方からコメントをいただき、
 みんな同じなのね~と励まされました!
 ありがとうございました☆
 確かに疲れるけど、今年も親子英語を楽しみましょう~♪
 応援クリックもどうぞよろしくお願いします(^_^)
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

関連記事
コメント
この記事へのコメント
シリーズものって興味あります。

英語で本を1冊読んだことってないかも(^^;;
ストーリーがおもしろければ、飽きずに読めそうですよね。

タイトルだけじゃ易しさレベルも内容もイマイチわからないのでこうして紹介してもらえるとすご~く助かります!
でもまだ読めてない私(笑)
2010/01/08(金) 11:46:00 | URL | りゅうママ #-[ 編集]
★りゅうママさんへ
シリーズ物ははまれば全部読みたくなるから多読には最高ですよね!私もまだMagic Tree Houseが我が家にもう4冊あるので読むのが楽しみです♪

当たり前のことですが、読むなら一巻からですよね。ブックオフでバラ購入のため、今回は三巻からという読み方で失敗しました…

薄くて自分のレベルより簡単な物を1冊読むと、自信がついて次も読みたくなると思いますよ。まずは簡単な本一冊から!是非今年はやってみてくださいね~(^o^)/
2010/01/08(金) 22:59:42 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/425-7b7774ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック