苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
プリスクールに入ってみて(その2)-不安編
前回の記事の続きです。
今回は、子供を未知の世界プリスクールに入れる事に対して抱いていた不安について書こうと思います。



●入園時に英語が話せなくても大丈夫?

クラスはネイティブの先生が1人、日本人アシスタントの先生が1人の2人体制。日本人アシスタントの先生も普段の生活では英語を話しますが、ネイティブの先生が話してどうしてもわからない時、言いたい事が英語でうまく話せない時など、アシスタントの先生がサポートしてくれます。

入園時には、ほとんどの子供が英語をそれほど話せないレベルだと思います。


●親は英語が話せなくても大丈夫?

R太郎のプリスクールでは、保護者に対して、日本人のスタッフは日本語で話してくれます。毎月のニューズレターも連絡も英語/日本語が併記されているので、基本的に親の英語力は必要ありません。

ただ、ネイティブの先生は日本語が話せない又は上手くないので、英語で話す事が多いです。保護者も英語が出来ればネイティブの先生とも親しくなれ、子供の園の様子などを詳しく聞く事ができるので話せるに越したことはない。

苺ママはネイティブの先生と英語で話す時は緊張してしまい、話した後は自己嫌悪に陥ってばかり。もう少しママ英語も上達したい…


●プリスクールに通っていれば英語が話せるようになる?

R太郎のプリスクールは「日本語厳禁」という姿勢ではないので、厳しいルールのある園よりは英語習得が遅いそうですが、それでもトドラー(年少の下の学年)から年長まで通っていれば日常英会話は自然に話せ、本もある程度は読めるようになります。

ただ卒園生のママ達によると、それ以上のレベルを望むなら、やはり家庭学習などでなんらかの“お勉強”をした方が良いそうです。これは親子英語ブログの先輩方からも忠告受けることがあるので納得。


●プリスクールに通うと日本語は大丈夫?

これも卒園児のママ達に聞いたところ、家で何もしていないと、小学生になってから他の子供よりも少し日本語が追いついていない事も見られるそうです。

例えば「つまずく」という意味がわからない等、入学して数ヶ月はその差を感じる事も。

その内追いつくそうですが、プリスクールに通うからには家庭で日本語はしっかりやるべきと言う意見をよく聞きます。


●お行儀など日本の感覚からズレないか?

正直この一年、運動会や遠足などの場面で時々日本の幼稚園との感覚のズレを感じることもありました。それを理由に転園を考えるご家庭も少なくありません。

運動会は“親に成果を見せる”というわけではなく、この年齢で出来そうな種目を、とにかく楽しく沢山やってみるといった雰囲気でした。そのため長時間にわたり次々と、見方に依ってはダラダラとゆる~い感じでプログラムが進みます。

博物館や水族館への遠足では、各グループが玄関ホールでどこに行きたいかパンフレットと睨めっこしながら相談するので、係員の方々からよく注意を受けました。

確かにその場面だけを第三者から見れば、お行儀が悪く見える事もありますが、要は、その場に立って子供達が“やりたい!見たい!”と言うものを出来る限り尊重して実行してくれているので、苺ママ的にはオッケー(^_^)

毎日のサークルタイムでは、みんなちゃんと椅子に座っているし、日本的なお行儀や常識は家庭で教えるものだと思うので、運動会で綺麗に行進できなくても、遠足で整列して入場できなくても今は良いと思うのです(^_^;)



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
関連記事

テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
参考になります・・・。
実は来月、お試しでプリに1ヶ月通う予定です。
不安に思っていたことが、苺ママさんの記事を拝見して一気にクリア!!
ありがとうございました!
2010/03/18(木) 12:25:52 | URL | マミー #-[ 編集]
ふむふむ・・・なるほど~。

うちは通えるような距離にプリスクールもないし、金銭的にもナシだなあ・・という感じですが、とっても興味あります!

近くにあったら、本気で働きたいって思ってました(笑)
だって楽しそうなんだも~ん。
バイリンガルになっていく日本の子供たちも目の前で見れるわけだし・・。
って動機が不純すぎですね(^^;
2010/03/18(木) 15:08:51 | URL | りゅうママ #-[ 編集]
不安編も興味深く読ませて頂きました☆
ほんとなるほど~ですね^^
そして躾はおうちで!というのも同感です。
もちろん叱ってくれるのもOKですが
やっぱり責任は親にあると考えます。
日本語をおうちで・・というのは大変だけど
結局はおうちでの取組みが大事なんですね。
とっても参考になりました♪
2010/03/18(木) 23:32:30 | URL | Carriexxx #sCdCES4I[ 編集]
懐かしく読ませてもらいました。
うちの娘のプリもこんな感じだったので、似てますね。
お行儀は感じ方の問題で、私も
うちの家庭がそもそもゆるいので、
多少のバラバラなところはOKです。
きちんと整列してなくても、床に
あぐらで座っていてもそれが普通に
思えてきますしね。(笑)
2010/03/18(木) 23:38:51 | URL | まめっちママ #-[ 編集]
★マミーさんへ
来月からプリですか!

お試しとはいえ、周りにプリスクールに通っている知り合いがいないと不安が一杯ですよね。
プリスクールも色々だと思いますが、参考になれば嬉しいです♪

入園されるプリもピータンちゃんやマミーさんに合う所だといいですね! まずは楽しんでください(^o^)
2010/03/19(金) 08:55:44 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
★りゅうママさんへ
はははは☆
りゅうママさん、本当にお仕事が好きなんですね(^o^)

私も2年も英語育児や親子英語ブログを書いていると知識だけはセミプロ(?)なので、プリの他の子供達の英語力もこれからどうやって成長して行くのかが楽しみで(^_^)

実はそういう意味でも楽しさを見いだしています~(笑)
2010/03/19(金) 09:01:00 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
★Carriexxxさんへ
躾、日本語そして英語と結局は家庭でやらないと、ってことですよね(^^;)

これは日本の幼稚園に通っても同じことなのかも知れません。

私の場合、英語を家庭でもやることが一番悩ましいところなのですが…
2010/03/19(金) 10:42:24 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
★まめっちママさんへ
まめっちママさんの娘さんが通っていたプリの記事を読むにつけ、共通点の多さに驚きます!

ですから、まめっちママさんが何を悩み、どう試行錯誤を繰り返し、どこへ落ち着いたかなどの記事は本当に参考になります!

我が家もお行儀に関してはゆるゆるなので、列が崩れていてもあぐらなんかも全然OKなのですが、日本に暮らしている以上、日本の常識を知っていても良いとは思っています。

他人の家にお邪魔する際、玄関に靴を逆向きにして揃えて置くとか、日本的な常識も少しわかっていれば日本文化と他の文化との違いも感じますし、プリに通っていると触れにくい日本人であることのアイデンティティーも持たせてあげたいとも思ったり(^^)
2010/03/19(金) 10:53:59 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/473-6c34ad97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック