苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
おててえほん 【またまた音声付】
ここのところR太郎の中で流行っている遊び“おててえほん”。
朝のNHK番組「みいつけた!」のワンコーナーで放送中です。

まず子供が手をパンパン!と叩いてから両手を絵本の様にパッと開き、「むか~しむかしあるところに、、、」と創作の絵本を即興で読んでいきます。読み終わると「おーしまい!」と手の本を閉じます。

20100430b

番組の対象年齢は4~5歳児ですから、お話の内容は起承転結のないものや支離滅裂な展開だったりするのですが、子供のお話がイラストになって手の中に入って来たりとシンプルながら面白い!

R太郎もそれを真似して“おててえほん”を何冊も読んでいます。

昨日は、久し振りに会った学生時代の友達の前で三冊も披露! 友達も「それで、それで?」「えーーーー!ロケットが食べられて死んじゃったの~!?」と付き合ってくれて大満足のR太郎でした。

・・・

実はこの“おててえほん”はNHKの番組オリジナルの遊びではなく、この方が考えたそうです。

おてて絵本普及協会のホームページには“おててえほん”の遊び方も詳しく載っています。

ちょうど、いつも大変参考にさせていただいてるなおぱぱさんの記事でも、アメリカPBSの子供向け番組『Between the Lions』の制作目的や、子供の「読み」をどう育てるか等について書かれた本が紹介されていましたが、親が上手に声を掛けながら子供にお話を創作させる方法なんて、“おててえほん”とそっくり!

・・・

、、、で、早速「英語でもおててえほんを作って~」とお願いしたら読んでくれました(^o^)

R太郎の英語版おててえほん【音声】


箱に入ったボールの話だそうで、かなりむちゃくちゃ英語の部分もあるものの、日本語版と同じぐらいのクオリティーで話してくれました♪ いや、むしろ英語の方が上手いかも(^_^;)

日本語版のように、英語版も合いの手を入れたり、細かな間違いをさり気なく直したりしたいものですが、ママには到底無理そうなのが残念です、、、


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓4歳を機に、何となく敷居の高そうなコチラにも登録してみました(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

関連記事
コメント
この記事へのコメント
すご~い!!

うちは創作能力がないので、日本語だろうが、こんな芸当は到底無理!です(笑)
2010/05/01(土) 13:57:03 | URL | りゅうママ #-[ 編集]
★りゅうママさんへ
日本語、英語とも繋がったストリーにはなっていませんが、「自分でお話を読んでる気になる」ということが色んな意味で良いみたいです。

もしご興味があれば、原案者のインタビューをみてください♪
やってみると意外にお話を作ってくれるかも(^m^)

インタビュー記事
http://allabout.co.jp/children/childbirth/closeup/CU20090728A/
2010/05/02(日) 22:08:15 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/501-931d9aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック