苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
良書探しのママ多読 (24冊目)
長い間中断していた『良書探しのママ多読』

R太郎が将来読む事になるだろうチャプターブック探しを兼ねた苺ママのスキルアップ計画!

今回読んだのはこの本です。



FrindleFrindle
(1998/02/01)
Andrew Clements

商品詳細を見る

●ストーリー
アメリカの小さな田舎町に住む小学生Nick。彼は頭が良く、先生に宿題を出させない絶妙な質問などを考えたりと、同級生にも一目置かれる存在。
しかし5年生の国語を受け持つベテラン女教授Granger先生は今までのようには行かなかった。
辞書を愛し言葉を大切にするGranger先生の裏をかこうと賢い質問をするも上手く行かず。そしてNickはあるアイデアを思いつく。そのアイデアは次々と周りを巻き込んで大きな“戦い”へと発展する、、、

●語数/ママ多読の総語数
15,000語/174,853語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 3.8 (レベル3)

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
小学校高学年



アメリカらしい本です。
アメリカン・ドリーム。子供の為の初めてのビジネス参考書にもなりそう。

「新しいアイデアを実行する時は、問題児として扱われる事があるかも知れない。それでも自分の信じる道を進みなさい!」というメッセージが全面に出ています。アメリカでは小学校高学年にもなると、こういった本を読むんですね。日本の小学生もなのでしょうか?

ところでタイトルの“frindle”。
いきなりタイトルから知らない単語に出会ってしまい迷いましたが、「分からない単語でも辞書を引かない」という多読の原則を守って読んで良かった♪
その理由はこの本を読めばわかります(^^)

ただ単に大人に楯突くわけではなく、筋の通った方法で前進して行く主人公Nickを見て、子供達は奮起するのでしょうか。それは、R太郎がこの本を読むような年頃になった時のお楽しみですかね♪

★良書探しのママ多読 本棚
 今まで読んだ本が並んでいます♪
ブクログ


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓4歳を機に、何となく敷居の高そうなコチラにも登録してみました(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/545-19a315a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック