苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
グアム土産2: ライミングババ抜き『Old Maid』
グアム土産???いつの間に行ったの?と思われる方もいるかも?
はい、2009年5月です(^^;)
ちなみにグアム土産1の『CANDY LAND』の記事はこちら。 先日も書きましたが今でも活躍中のゲームです。


さてグアム旅行から1年以上の時が過ぎ、対象年齢にちょうど合って来た物がScool Zone社の『Old Maid Numbers』です。(アマゾンの扱いはありませんでした。購入したのはこのお店。ワークやフラッシュカード関連の品揃えが豊富でした。) 現地では2.89ドルに比べ日本では630円と高いですね、、、


箱には、1から12までの数字とイラスト付きセンテンスが書かれたカードが入っています。イラスト付きセンテンスは2枚1セット。同じ数字のカード同士を合わせるとこんな感じです。

20100809

【1】one whale / 【one】stuck in jail
  (1頭のくじらが / 牢屋にはまった)

【3】three bears / 【three】in underwear
  (3匹の熊が / 下着を着てる)

【8】eight turtles / 【eight】jumping hurdles
  (8匹のカメが / ハードルを跳んでる)

【11】eleven lizards / 【eleven】dressed as wizards
  (11匹のトカゲが / 魔女の格好)



全部ライム(韻)を踏んでる~♪♪♪♪


数字カードの他に“Old Maid”というババカード(写真一番上)を入れてババ抜き遊びができます。手持ちのカードで同じ数字のセットが出来れば、捨てるのと同時にセンテンスを読み上げます。この時、1枚目と2枚目の間を空けてちょっと面白可笑しい読み方をしても大うけ(^m^)

ババ抜きの他に神経衰弱もできます。これもババ抜き同様、セットが出来たら読み上げるのを忘れずに。

各数字セットは2セットずつ(つまり12×2枚×2種類=48枚)入っているので、遊んでいる内に24個のライムで遊べます。

簡単なセンテンスが読めるようになった頃、ライミングに親しみながらゲームを楽しめるおすすめ教材です☆



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓4歳を機に、何となく敷居の高そうなコチラにも登録してみました(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
いつも拝読しています。

我が家は今年の7月にグアムに行きましたが、同じ店でカード類買いだめして帰りました。
今は値上げしているみたいで、私が買った時は$3.69位でした。
ですがまだ使ってません。
我が家も早く本来の用途で使える日が来るのを待ち望みつつインプットに励もうと思います。
2010/08/09(月) 22:33:36 | URL | maple #-[ 編集]
★mapleさんへ
こんばんは。
コメントをありがとうございます!

mapleさんも同じお店で買ったんですね!グアムの英語関連土産は思ったより不発でがっかりだったのですが、この店の教材の品揃えは群を抜いて良かった記憶があります。

今は値上げしているんですか。それでも円高だし安いですよね(^^)

対象年齢って本当にあるものだなと思います。買った時は全く反応がなくても、その時がくれば嘘の様に楽しめるものですよ♪

ただ早めに買ってしまった場合、旬な年齢に出すのをわすれないように…(笑)
2010/08/10(火) 22:11:05 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/566-296497c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック