苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
実は、、、
5日振りの更新です。
今、仕事やプリスクールのイベントなどでバタバタとした毎日を送っています。ハワイから帰ってきてから時間の使い方などどうも調子が出ず、ブログも書く意欲がでなかったのですが、ようやく少し復活。夜の読み聞かせも復活し始めました(^^;)

実は、年少のR太郎ですが今月から年中に入る事になりました。

R太郎は4月生まれで、性格も落ち着いている方なのでクラスでも一番お兄ちゃん、それに英語の読み書きもそこそこできます。そしてR太郎のプリスクールは午後保育も含めて縦割り時間がとても多く、全学年の子供達と仲良しなので、上の学年に入ることにはそれほど心配していませんでした。

年中に入ってまだ数日登園しただけの今週、年に一度の参観日がありました。

そこでまず、年中さんと年少さんの成長の差に圧倒されました(^^;)
そして、そのクラスでおそらく一番体の小さいR太郎が、小さい声で頑張っている姿を見て、正直、この選択で良かったのかと不安になりました。

参観したのが本を音読みする時間ということもあり、今まで歌ったり踊ったりがメインだった年少に比べて、机に向かって順番に読んだり、教えて貰った単語に活発に感想を話す年中さんに驚きました。そしてこのクラスの雰囲気にまだまだついて行けていないR太郎が一人浮いていました、、、

読んでいた本はOxford Reading TreeのKipper達のお話です。ステージ1でした。英語力的には問題ありません。あてられれば答えられるけど、このプリスクールでは自発的にさせるのがスタイルです。

年中クラスは4月生まれが多いそうです。と、いうことはR太郎とほぼ1歳の差があります。今まで4月生まれで何をやるにも困らなかったR太郎ですが、今は明らかにモタモタしてます。今更、早生まれのお友達ママの心配を実感しました(><)

R太郎はというと「年中クラスは年少より難しいことを一杯やってるでしょ。難しいのは久し振りだから年中クラスの方が楽しい!!!」と話しています。

ストレスになっているに違いないのに、、、
R太郎はライバルがいると燃えるタイプなので、これをバネに頑張れるのではないかと思いますが、ママとしては心配で心配で(^^;)

先生のお話によれば、縦割り時間になった時に、年少クラスの子達と「やっと会えたね~♪」という感じでみんなでハグしていた姿が本当に可愛らしかったそうです。今までのクラスの絆というのは親が思っている以上に強かったみたい。

このまま行けば、来年の春には年長、その後一年経ってクラスメートは卒園してR太郎のみ残る、、、、等、不安な要素ばかりですが、まずは様子を見てあげようと思います。


↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/617-4a5c4862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック