苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
ルー語が消えました!!
3歳辺りからかなり気になっていたR太郎のルー語。


●3歳2ヶ月
「Strawberries、Twenty個 Pickingした! GreenのはPickingしちゃだめなの。Redのだけなの。とっても甘かった!So sweet!」

●3歳9ヶ月
「このウルトラマンがdisappearedしてね~ そしたらMarsにいたんだよ。」

●そして変化し始めた最近(その記事)
「そこのSilverの棒をね、、、あっ、そこの銀色の棒を回して。」
「これpaintしたの、、、じゃなかった塗ったの。」
「missだって~。日本語の中に英語が入ってて可笑しいね~(^m^)。missじゃなくて“失敗”って言うんだよね~」



そしてそして、ふと気づいたら

あれ?最近ルー語が消えている!!!!

ただいま4歳7ヶ月。
ルー語の時は、両言語で知っている単語でも、おそらく“言いやすい方”、“その単語を言う時によく使う方”の言語を単語毎に選んで使ってしまっていたのではないかと思いますが、“一文に混ぜることはおかしなこと”という意識が芽生え、気をつけている内に、両言語を完全に分けて話すようになったようです。

なるほど、、、こうやってバイリンガルは成長していくのかと感慨深く。


ルー語については1年半前、コージーベアスクールで開かれたイベントでサイモン先生に相談した事があります。(その時の記事)

サイモン先生のお答えは「それはコード・スイッチング(code switching)です。バイリンガル環境で育つ子供に当たり前に出る現象で、5歳ぐらいになったら自然に治ります。」ということ。

その後何人かの専門家の先生方やバイリンガル児を育てた親御さんに相談しましたが、みなさん口を揃えて“大丈夫。その内治ります。”というお答えでした。

現在同様の不安を抱えている方へ、苺ママもこれからは胸を張って言えます!

大人が日本語と英語を使い分けて話し掛けていれば大丈夫! ルー語は自然と消えます(^^)b



↓1日1回応援ポチッをしたいただけると
 更新の励みになります。
 リンク先には参考になるブログがいっぱ~い!

 にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

↓こちらもスゴ~くためになります(^_^)
 にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

↓大人の英語ブログも読みたい方はコチラ
 にほんブログ村 英語ブログへ

関連記事
コメント
この記事へのコメント
心強い!
こんにちは。
ルー語バリバリなので、この記事はとても心強かったです。

> 大人が日本語と英語を使い分けて話し掛けていれば大丈夫!
> ルー語は自然と消えます(^^)b

最近、娘につられて親たちがルー化しています。
今こそ、きっちり使い分けをきをつけねば~!と思いました。
2010/12/04(土) 14:56:29 | URL | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
うちはたぶん,もう少しです
でも,ルー語はほとんどなくなりましたね,確かに.

きっとこの話を聞いて安心する方も多いのでしょうね.

うちはどうしても両親とも両方分かるので,言葉の使い分けは甘くなりがちです(^^;

5歳ぐらいまでに,ということならなんとかなるのかな,うちも.
2010/12/05(日) 05:15:35 | URL | なおぱぱ #-[ 編集]
★Cassisさんへ
>ルー語バリバリなので、この記事はとても心強かったです。

そう言っていただけると私も嬉しいです。ルー語はいつか治ると確信をしていても、おじいちゃん&おばあちゃんや、周りの人に、英語育児を心配される事もありますよね。

幼児育児の専門家の文章を読んでも、ルー語を混乱の証として書かれている事があったり。

そして親が使い分けることについては、私達も気をつけながらもついついつられる事も多かったです(^^;)

気をつけるのとそうでないのとは随分違うので、無理のない範囲で気をつけて会話してください♪
2010/12/06(月) 15:08:06 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
★なおぱぱさんへ
今回過去記事を読み返すまで忘れていたのですが、5歳ぐらいまでに治ると言われたんですね~
なおくんもなくなりつつあるなんて、なんてさすがサイモン先生!

それにしても、こういう問題ってブログで他の方のアドバイスを聞かなければ、不安で英語育児をやめることにもなりかねないですよね。
情報収集は必要だし、自分でも知っている事は出来るだけ公開しようと思いました(^^)

2010/12/06(月) 15:18:18 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/630-df274d16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック