苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
地震、そしてできること。
東北地方太平洋沖地震では、未だ刻一刻と被害が広がり報道を観ていても言葉になりません。



金曜日、R太郎の年長のカルキュラムなどについて個人的に先生に伺えるということで、プリスクールに行きました。ネイティブ先生と話し始めて間もなく、、、グラグラ~と大きめの地震。

すぐに廊下にいた子供達に「机の下に隠れなさい」と先生。言われた子供は面談していた教室の机の下に大人しく隠れました。すると、どんどん揺れは大きくなり生まれて初めての揺れで、私も怖くなって来て、空いている机の下に隠れました。

暫くすると、廊下から先生が「庭に出なさい!Go!Go!Go!」と誘導があり、机の下にいた子供達と一緒に外に出ました。園庭では、真ん中に子供達が座っていて、その中にR太郎の顔が見えた時は正直顔が緩みました( ´o`)п

何度も余震があり、携帯電話も通じず、空港に降りれない飛行機も低空で飛んでいるのが見えたりと、大人にとってはとても不安な状況だったのですが、2歳から年長まで子供達のどの子も泣くこともなく、先生方に周りをガードされながら座り、手遊びをしたりEarthquakeについて先生方と話しています。なんだか和やかな雰囲気で(^^)

結局、私たちは1時間程待機してから自転車でプリスクールから近い苺パパの実家へ行き、そこで一泊しました。
電車が運休していたので苺パパは仕事先から夜何時間も歩いて実家へ帰宅。。。
苺ファミリーにとっても、それなりに大変な一日でした。

今回、偶然にも苺ママがプリスクールにいた事で、R太郎と一緒で良かったという事もありましたが、緊急時の先生方の対応がとても冷静で、また全て英語で指示されているにも関わらず、園児達もとても落ち着いて行動しているのを目の当たりにし安心しました。


////////////////////


苺ママは阪神大震災の時は、ボランティアで数週間被災地に行きました。震災2週間後、特に使えそうな能力も腕力もお金もない苺ママでも、片付けや被災された方々とのお喋り、物資の配布などやれることは山ほどありました。
(※ボランティア団体が現地に基盤を立ち上げ報道された後です。その前に現地に赴く事のないように。)

とは言え、小さな子供のいる私達には実際に被災地には行くのは難しいと思います。でもきっと一人一人できる事が何かあると思います。今、何も思いつきませんが、例えばタエさんのブログで「東北地方太平洋沖地震 情報まとめ」という記事も見かけました。自分にできること、何かあれば小さな事でも行動しましょう!


東京でも今でもまだ何度も余震があります。我が家はボロ家なので、今も緊急地震速報で警戒しながらこのブログを書いています。電力供給不足の事を考えても、しばらくブログの更新頻度が減るかもしれませんが、元気ですので心配なさらずに~(^^)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
怖かったよね
わたしもたまたま幼稚園で子供と一緒でした

お互いがんばりましょ
2011/03/13(日) 09:51:19 | URL | tibitama #-[ 編集]
★tibitamaさんへ
本当に怖かったっっ
でも多くの幼稚園がちょうど降園時刻だったから良かったよね( ´ ▽ ` )

差し迫った不安では原発の事もあるし、これからまだまだ大変だけど、こんな時こそお互い頑張りましょう!
2011/03/14(月) 01:27:39 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/672-b0660e71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック