苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
紀伊國屋セールへリーダー本を探しに
紀伊國屋新宿南店で春の洋書大セール中(4/29-5/1の3日間)。店頭に並ぶ洋書が20%オフになるセールです。

通常価格では実店舗はアマゾンより少し高いので、セールになってようやくアマゾン価格と並ぶ程度。
ただ、ちょうどリーダー絵本を実際にR太郎に選ばせたいと思っていたので、良い機会に寄ってみました。

最近このリーダー絵本にはまっているR太郎。

The Titanic: Lost...and Found : Step 4  (Step Into Reading)The Titanic: Lost...and Found : Step 4 (Step Into Reading)
(1987/04/12)
Judy Donnelly

商品詳細を見る


ネイティブの小学2-3年レベルなので、全てわかって読んでいるとは思えませんが、テーマによって読もうという意欲を感じるので、それなら実際にみてもらわないと。

で、R太郎が選んだのは

No More Monsters for Me! (I Can Read Book 1)No More Monsters for Me! (I Can Read Book 1)
(1900/01/01)
Peggy Parish

商品詳細を見る

↑その場で座って15分ぐらいひとりで読みふけってました(^^)

Amelia Bedelia Bakes Off (I Can Read Book 2)Amelia Bedelia Bakes Off (I Can Read Book 2)
(2010/12/28)
Herman Parish

商品詳細を見る

↑Amelia Bedeliaシリーズは我が家にあと2冊あります。このシリーズは“言葉通りに理解してしまう間違い”がテーマなのでまだ理解できないと思い、家でも読み聞かせていませんが、キャラクターとして好きなのかこれをチョイス。

Amazing Armadillos (Step into Reading)Amazing Armadillos (Step into Reading)
(2009/08/25)
Jennifer Mckerley

商品詳細を見る

↑「TITANIC」のレベル4は、やはり難しいと言って、レベル3のこれをチョイス。大好きなアルマジロの生態のお話。

National Geographic Readers: Volcanoes!National Geographic Readers: Volcanoes!
(2008/07/08)
Anne Schreiber

商品詳細を見る

↑“National Geographic Readers”シリーズは、自然科学図鑑とリーダー本の間ぐらいの感覚で、しかもレベル分けされていて便利!今後このシリーズを何冊か買いたいな♪(面白いシリーズなので後日記事にしたいと思います^^)




今のR太郎のリーディングレベルで良さそうなのは、“I Can Read Book”シリーズでレベル1、“Step into Reading”シリーズでレベル2か3、“National Geographic Readers”シリーズはレベル1ぐらい。どのレベルも、「少しだけ長めの文章も自力で読む準備ができた」レベル。年齢で言えば小学1年生程度。

ここら辺を目安に、暫くリーダー本を選んでいこうと思います。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
これ、行きたかったんですけど都合がつかなくて(><)。結構色々な本が出ていたんですね!
R太郎くんのチョイスもNice!Amelia シリーズはゆくゆくは・・・と考えててブックオフで見つけたら仕入れているところ。娘は相変わらず「読み」はサッパリで(笑)、話すのが楽しいんだそうです。話す場、もっと設けたいなぁ。
2011/05/02(月) 23:54:49 | URL | ゆ~ママ #-[ 編集]
★ゆ~ママさんへ
このセールは以前ご一緒したセールとは違い、新宿南店の洋書売場の本がレジで20%に値引きされるんです。

今回自分で選んだ本には凄く愛着があるようで熱心に読んでいます。アマゾンは安いけど、時には実店舗に連れて行くのもいいですね(^^)

話す場、ぜひぜひ企画しましょうよ~♪
2011/05/04(水) 00:50:08 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/696-faaaa1b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック