苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
5歳2ヶ月のR太郎【まとめ】
今月のまとめです。

夏休みで暇なR太郎。サマースクールもあまり参加していないので、意識的に家で英語に触れる機会を多くしています。でも英語での語りかけは相変わらずしていませんが。家にいる分、DVDを観たり本を読む時間が増えました。

工作やお絵描きもよくしていますが、シェフやピアニスト、本の登場人物になりきって、そのアイテム作りみたいな工作が多いんです。その性か妄想に走りすぎる傾向も、、、、
失踪事件もあったことだし、どこまで放っておいて良いものかと悩むところです(^^;)



【5歳2ヶ月のR太郎】

●家の前に“Dear people of the World”と、
 道行く人への文章を掲げる。(その記事)

●"英語でおうちピアノ"を基礎からネットなどで学び直し始める。(その記事)

●英語と日本語の七夕の願い事で小さい笹が重そうな程。
 が!翌日、R太郎失踪事件発生!!!!(その記事)

●初キャンプで富士・本栖湖へ。(その記事)

●“英語でおうちピアノ”発表会開催。
 日本語&英語教本から短い曲を16曲(アレンジ曲1曲)弾く。

●Math的ブームは、million、billion、trillion、infinityなど
 大きい桁を口にすること。
 友達と大きい桁の小さな計算クイズを出し合っては大喜び。



【今月よく読んだ英語本】

Nate the Great and the Lost List←我が家では3冊目のNate the Greatシリーズ本。今回は友達がなくした買い物リストを探します。R太郎はすっかりNateファンに!シリーズ本を全部読みたいそうです。

Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)なおぱぱさん家のなお君が読み始めたという記事を読み、久し振りにシリーズ一気に4冊読み聞かせ。何度読んでも笑える大好きな本です♪


【今月よく読んだ日本語絵本】
さるかに   日本むかし話〈2〉←最初は笑って聞いていたら、カニが殺されて大泣き。死んだカニから子供達が沢山出て来てみんなで泣く度につられて大泣き!
“もう読みたくない!”と久し振りにお話で泣いたのでちょっとびっくり(^^;)
でも次の日からは何度も読んでもらいたがるその心境、よくわかりません、、、

なぞなぞのすきな女の子 (新しい日本の幼年童話 5)←この本のようななぞなぞを沢山つくって楽しそうだったR太郎。でもママとしては女の子の住むお家がありえない様なダメダメ構造で、気になって気になって、、、
おとぎ話にしても、作家さんにはもうちょっと基本的な家の構造ぐらいは押さえて欲しいものです。。。

アルプスの少女ハイジ (徳間アニメ絵本)←このシリーズがとても好きなR太郎。他にジブリ映画の本を5-6冊持っています。
アルプスの山々や白パンにも憧れたと同時に、盲目のお婆さんに聖書を読んであげ“字が読めるということは素晴らしいこと”と涙されるくだりが心に残ったようです。


【今月よく観た映像】
Sid the Science Kid: Gizmos & Gadgets [DVD] [Import]←暫く振りのSid the Science Kidシリーズ。今まであまり観た事がなかったこの一本を何度もよく観ています。滑車や梃子など、シンプルマシーンについてのテーマです。こういう物に興味が出て来たのかも♪
商品リンクは輸入版です。リージョンコードに注意。

ビッグ [DVD]←今月何度も記事にしたピアノ曲“Heart and Soul”が使われている映画。何度も観て色んな影響を受けました。(失踪事件もそのひとつでした…^^;)



関連記事
コメント
この記事へのコメント
目のつけどころが、さすがです(*^^*)
なぞなぞのすきな…の本。
今度読むときは、注意してみます(笑)
2011/07/23(土) 12:24:51 | URL | ゆ~ママ #-[ 編集]
★ゆ~ママさんへ
実はこの本、ゆ~ママさんの本棚で知って読んだんです。
その節は紹介してくれてありがとうございました♪

お話的にはほのぼのとして良いんですけどね~
柱や筋交(斜めに入っている支え)の途中に窓や玄関があっては、お話にさえ集中出来ない自分が嫌ですf^_^;)
2011/07/24(日) 01:16:50 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/727-f6717f74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック