苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
オーディオブックをダウンロードしてみて
夏休み後半はプリスクールのサマースクールにも通わず、1ヶ月半はアウトプットの場が皆無のR太郎。毎日ひたすらインプットのみです。

で、早速前回の記事のAudible.comで『Nate the Great』のオーディオブックを購入。

試しに既に持っている本を2冊分ダウンロードして、コイズミ君でかけ流すと、「もっと聴きたい!もっとダウンロードして!」と気に入った様子。

我が家の読み聞かせは夜寝る前が中心で、『Nate the Great』ブームが来てからは、文章量が多く読んでいる内に苺ママが眠くなったりとなかなか先に進まないので、自力読みもよくする様になったR太郎。
読みかけの本の音読も聴けて、結末がわかった!と大喜びでした。

次は『Nate the Great』シリーズのどのオーディオブックにするか選んでいると、まだ持っていない本のがいい!というので迷いながらも未読の音源も購入。

そこで次に購入する本(紙の本)も、ダウンロードしたオーディオブックと同じものにしようと思ったら、ここで「その本はもう耳で読んだから他の本がいいよ。」と待った!がかかっちゃいました(^^;)

な、なるほど~、そう来たか。。。
やっぱりR太郎にとっては自力読みするより聴く方が楽で、それでもストーリーの先が知りたいから頑張って読んでいたわけです。

そうは言っても、既に聴いたオーディオブックでも、本を開きながら何度も聴いているので、読む力にもおおいに役立つとは思いますが、例えば今後、本を買わずにオーディオブックだけ聴きたがることもあるのかなぁ。

いくら評価されている児童書のオーディオブックといえども、文字と音を繋げられるようにするためにオーディオブックを使った方が良いのでしょうか?
それとも純粋にオーディオブック単体で楽しんでもいいのかな?

始めてみて、いきなりオーディオブック利用の方向性に迷っています(^^;)


関連記事
コメント
この記事へのコメント
家の子と同じ道に行きそうですよ。 前は本とCD一緒に買ってましたが(MTHとか) 結局本は読まないからとCDばっか買ってます。
本とCDのレベルが開いていくいっぽうです。 いいのか悪いのかはわかりませんが。
2012/02/14(火) 09:04:55 | URL | トマト #-[ 編集]
★トマトさんへ
音声を聞いてくれるのはいいけど、それによって本自体を読まなくなるのは想定外でした(^^;)

我が家はまだ簡単な本が多いので自力読み中心ですが、チャプターブックになると確かに聞く方が楽ですよね。

実は今本の音声聞き流しをあまりしていないのですが、また再開するかどうかは迷うところです。。。。
2012/02/15(水) 08:11:56 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
はじめまして。
R太郎君いつもすごいですね。
読む本などいろいろ参考にさせていただいてます。

すみません。今日は質問させていただきます。
audibleからダウンロードしてどうやってコイズミ君で聞かれているんですか。

どうも私はMP3に直接落とせなくてipodに落としてコイズミくんをスピーカーとして使っているのですが・・・。

初歩的な質問ですみません。
2012/11/01(木) 13:24:18 | URL | tonton #-[ 編集]
★tontonさんへ
こんにちは!
コメントをありがとうございました(^^)

R太郎は自分で読む方が好きで、現在コイズミ君はもっぱらDVDのかけ流しようになっているのですが、audibleのデータを録音するのも簡単ですよ♪

tontonさんは、PCかiPodでaudibleのデータをダウンロードしているんですよね?それはコイズミ君なしでも音声は聞けると思います。

まず、PCかiPodのイヤフォンジャックと、コイズミ君の入力ジャックを付属のケーブルで繋ぎます。

次に、コイズミ君を録音状態にしたまま、PCかiPodで音声を再生します。

これだけです(笑)
MP3のデータ変換とか何だとか必要ないんです。

私もあまり機器に詳しくないので、もしこの説明でうまく行かなかったらもう一度コメントをください(^^)


ところでtontonさんのおこさんはおいくつですか?またお気軽にコメントをくださいね☆
2012/11/01(木) 15:39:31 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/734-d700c4fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック