苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
教室の代わりに感動体験♪
苺ママの通っているピアノ教室の発表会に行って来ました。
金曜日の夜なのでR太郎は預けてゆっくり、、、とも思いましたが、会場がジジババの家と近い事もあり、観られる範囲でR太郎も一緒にということにしました。

R太郎は自分が出るわけでもないのに開始前から緊張でソワソワ。大きなホールではなくアットホームな感じだったのと、夜にも拘わらず小学生中心の演奏で、いつもYouTubeで観ている海外のピアノ発表会(近所の教会で行われている感じ)とよく似た雰囲気に、緊張もほぐれたのか演奏が始まるととても楽しんで聞いていました。

R太郎は“おうちピアノ”だけでピアノ教室には通っていませんが、音楽体験だけはちょこちょこして行きたいと思っています。

先日、ママのピアノレッスンにR太郎を連れて行きました。で、レッスンが終わった後にR太郎の演奏を聴いてもらえる事になり2、3曲のつもりで弾き始めたのですが、ママ友先生がすごく盛り上げてくれて結局10曲も(^^;)

我が家の電子ピアノとは違う本物のグランドピアノで演奏するのは初めてで、演奏しながら「ピアノの中ってこうなっているんだ~!」と喜ぶR太郎。ピアノの蓋は開いていなかったのですが譜面台の隙間辺りから内部が見えて、ひとつひとつの鍵盤を叩くと音が出る仕組みに感動していました。

英語でもそうなのですが、技術を習得し知識を得る事も大切ですが、それが体に染み込むには“感動”が必要だなぁと思うんです。だから我が家では、英語もピアノもそんな体験をいつも意識しています。

大きな感動、小さな感動、楽しい、うれしい、つまらない、がっかり、、、そういう心が動く体験があってこそ、身につけた技術が育つんじゃないかな~と。

相変わらずピアノ教室に通う気にはなっていないようですが、毎日練習を欠かさないのは、こんな小さな感動が膨らんでいるのかなともみています。音楽体験、これからも出来る範囲でして行きたいと思います。

/////////////////////


レンタル店で借りてきた『ライオン・キング』のDVD音声を、これでもか!という程聞いています。本当に今はまっているようです。苺ママでさえストーリーもセリフもすっかり“見える”ようになりました(^^)

そうなるとママは、いつか『ライオン・キング』の舞台を一緒に観に行きたい♪と劇団四季のサイトをチェックしたり、いやいや日本語訳では本来の歌が損なわれるのでは、と他のステージのミュージカル来日公演まで調べたり。
またあらぬ方向に広がりそうで取り敢えず中断・・・(笑)

ちなみに本家ブロードウェイのサイトはこちら。あ~これをいつの日か観てみたい☆


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/740-4c1e2cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック