苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
英語育児、我が家の目標☆
なおぱぱさんが英語育児の目標について記事を書かれていたので、便乗して我が家の目標も考えてみました。

そもそも苺ママが英語育児を始めたのは、R太郎が生まれて、それまで趣味的に習っていた英語レッスンにも通うことができなくなったので、R太郎と遊ぶ時間に英語も取り入れたら子供ばかりではなく親も有意義な時間を過ごせるんじゃないか、と思ったからです。

その時の目標と言えば、中学生になった頃、発音が良くて、「What is this? It is an apple!」なんていうフレーズがサラッと言えたら格好いいわ♪ ぐらい(笑)

ただ、ブログを始めて親子英語というコアな世界を知り(^^;)、そして成り行きとはいえプリスクールに通い始め(健全な保育園に入れなかったのです…)、R太郎の英語力が少し上がってくると、当然苺ママが考えるゴールも変わりました。

で、そういえば、一年ぐらい前にそんな事も書いたなと思って読み返してみました。

早期英語のいいところを考えてみよう!(1)
早期英語のいいところを考えてみよう!(2)

特に(2)の方の記事、この思いや目標は今も全く変わっていないし、震災も含め、この一年色々なことを経験して、一年前より強く願っているなと再認識しました。

いまの世界には、英語が出来なければ得られない情報、物事が沢山あります。それは、時には命や健康に関わる事でさえある。そして例え日本にいながらでも英語ができれば触れる事が出来る時代になりました。

そんなこれからの社会で、日本人の視点から選ばれた数少ない翻訳物ばかりに触れるより、英語がある程度不自由なく理解できれば、世界中の視点を知る事ができる。当たり前だと思っていたことに違う価値観があることを実感できる。見えてくる触れられる世界がずっと広いものになり、自分から表現することもできる。


もちろん、そこで必要なのは英語だけではないのは言うまでもないとして、「英語が出来なければ始まらない」事がこれからどんどん増えて行くだろうと確信しています。

だから、人格が形成される少年・青年期に、ある程度不自由なく英語が理解できるレベルに到達している事が、今の苺ママの目標なのです☆



と、まぁ、でっかいゴールを掲げてみましたが、目標は目標として、日々の視点としては相変わらず「毎日楽しく英語育児♪」なんですけどね(^^)


【オマケ】
靴下ダイナソー、チャンパガーディガンとそれを襲うゴーコソウラス!、、だそう(^^)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
便乗記事、ありがとうございます!
いろいろな人が考えると、また違った視点もあり、すごく参考になることが多いですよね。

私みたいな「これがお得(^^)」といった考えとは違って、苺ママさんの目標はまたもっと広い視野で考えられているように思います。

読ませていただいて、あらためて「そうそう、英語育児にはそういういいこともある!」と同感しました。

大人になって英語を身につけることはもちろんできるんだけれど、小学生~高校の間に英語ができることでチャンスが広がるケースって結構ありそうなんですよね!
2011/10/07(金) 06:50:09 | URL | なおぱぱ #-[ 編集]
うんうん><
私も頷きながら読ませて頂きました。
なぜ英語を!と思うのかやっぱり我が子に
“必要”を感じるからなんですよね。
どうなるかはあくまでも結果☆
これからの時代を生きていく子供たちに
やっぱり英語は必要なんだって強く思います。

英語の向こうにいろんな可能性が広がるといいな♪
うちは苺ママさんちに刺激をいっぱいもらって
英語育児度がグングン深まったので
これからも追いかけていきます^^
2011/10/07(金) 09:17:53 | URL | Carrie #sCdCES4I[ 編集]
★なおぱぱさんへ
私、なおぱぱさんの便乗記事が多いと思いますが(笑)
日々なーんとなく続けている英語育児に、改めて考えるきっかけになる記事をいつもありがとうございます。

私ももちろん、お得♪な部分をまるで考えてないわけじゃないんです(^^)

でも遠い将来の期待が大きいと、親の思い通りにならない結果で落胆する確率も高いので、過程を充実させていきたいなと思っています。

こういう目標を持つと、小学校からの英語の方向性を考えるのもまた楽しいです~(^o^)
2011/10/08(土) 06:01:51 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
★Carrieさんへ
これからも追いかけるだなんて、、
子供の年齢こそちょっぴり上ですが、私はCarrieさんのやる気や考えや行動力から沢山刺激をいただいて、逆に追いかけているつもりですよ(笑)

これからの時代、どう考えても英語は必要だと思います。世の中を見ていて、その想いは年々強くなっています。

なのに早期英語教育反対派の意見が未だに多数を占めるのは疑問です(^^;)

まあ、よそんちはよそ、うちはうち。
お互い信念を持って英語教育を続けましょう!






2011/10/08(土) 06:33:02 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
私は自分が英語が大嫌いで苦手でどうしようもなかったので、子供は英語で人生の選択肢が狭まるほど苦手になって欲しくない・・と思い始めたんでした。
目標というか希望は、英語が得意♪になって欲しい!って感じで・・話せるように、とは実は全く思ってなくて、・・英語育児ブログの存在を知ったのもりゅうちんが5歳になる前でしたし^^;;

もっと早く知ってたらなあ~・・・。

りゅうちんが少しとはいえ、英語を話すようになると私も少し欲が出てきたりして・・
でも未だに、どうなって欲しい、という目標は見つかっていません^^;
そこが多分一番、他のママと違うとところでだからやってることもブレブレなんだろうな~と(汗)

でも英語が得意に!という希望はやっぱり変わらずかな~。
英語が出来て、悪いことって、ないと思うから^^
2011/10/10(月) 10:33:22 | URL | りゅうママ #-[ 編集]
★りゅうママさんへ
え~?りゅうママさんはやってる事も希望も全くブレてないと思いますよ!
だから今、りゅうちんもたっくんも英語が得意だし♪

自分では意識していなくても、りゅうママさんは長い目で目標を設定して、毎日コツコツ頑張っていると思いますo(^▽^)o

何か学ぶ時に目標設定は重要とよく聞きますが、なるほど、確かに時々目標を意識すると次に何をすれば良いかも選び易いな~と思いました。
2011/10/11(火) 02:03:46 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
考えたことなかった
きっと、何も考えていなかったわけではないと思うんですが、改まって考えたことがありませんでした。
そういう意味では、Carrieさんがコメントされている「必要を感じる」というのに近いかも。
でも、今までは、ただ楽しかったからとか自分の趣味で・・・で済んでも、この先は、何を目標とするかで選ぶものが違ってくる機会が増えるのかな、って読んでいて思いました。

考えるいいきっかけをありがとうございます!

そして、人格形成期に、世界中の視点を知ることができること、当たり前だと思っていたことに違う価値観があることを実感できる、というくだりに、すごーーーく同意!!!
大きくうなづきながら読みました♪
2011/10/11(火) 12:12:47 | URL | Cassis #1ExcCATc[ 編集]
もう一度トライ♪
他言語育児って色々大変ですよね・・・。
自分がその言語のネイティブじゃないから、発音や言い回しを考えたらやはり何かに頼る事になってしまうけれど、何がその子に合うかどうかは本当に分からない。。。
ウチは、まぁいずれちゃんと英語を話すようになってくれるだろうと高を括って普通の幼稚園に入れてみたら、日本語の方が面白い!なんて言うようになってしまって、結果「英語<<日本語」になってしまいました。トホホ。。。
あまりインターには入れたくなかったけれど、子供の性格を考えたらTISにでも入れないとダメかな・・・なんて考えてしまう今日この頃です(´ω`)
2011/10/12(水) 01:11:23 | URL | こげちゃん #DC7oB0L.[ 編集]
★Cassisさんへ
以前は、「R太郎の英語力が例え泡と消えても、幼児期に一緒に楽しんだ思い出があればいいわ」と思っていましたが、最近欲が出て来てしまったようです~(^^;)

まぁ、ゴールというのは、ある決まった地点に固定されているわけではなく、成長によって変わるものなのでしょうね。


色々な文化を通しての世界観の違いについてCassisさんも最近同じ様な事を書かれていましたよね!
あれには私も激しく同意☆

あの時書かれていたように、英語をやっていると日本以外の文化に触れられるけど、その広がりがどうしても欧米の価値観にも偏ってしまうので、我が家もディズニーアニメばかりに偏ってはいけないなぁと思ってます(^^;)
2011/10/12(水) 01:46:16 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
★こげちゃんさんへ
コメントありがとうございます!

確かにコメント欄の調子がちょっとおかしいかも(ノ゚ο゚)
ごめんなさい~
今回のはバッチリ投稿されたので、これに懲りずまた遊びに来てくださいね!


ところでところで本題ですが、こげちゃんさんのお家はパパさんがネイティブ?
そうなると、習得方法や目的とか違ってくるのかしら、、、と色々想像しちゃいます。

親のどちらかがネイティブならもっと楽なのになぁ~とずっと考えていましたが、そんなお気楽ではないんですね。。。最近お友達の例を聞いてもそう思います。

本当に他言語育児って色々大変なので、皆さんからアイデアをいただいて頑張っています。

こげちゃんさんも、これからどうぞ宜しくお願いしま~す(^o^)
2011/10/12(水) 02:02:54 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
苺ママさんのこれ系の記事大好きです~^^
私も感じるのが、英語育児やってると、日本語で育児やってるだけでは触れられない感覚や色彩、関係に触れてると思うんです。しかも世界基準のもの。小さいころから一流のものに触れさせるってその先の広がりが変わってくると思うんですよね~。R太郎くんはまさにそんな感覚を身に付けつつあると思うな~。オマケの靴下ダイナソーが物語ってます!!その辺の幼稚園児では描かない絵だと思いますよ^^
これからも情報発信お願いしますね☆
2011/10/14(金) 07:13:53 | URL | cotton #-[ 編集]
★cottonさんへ
ありがとうございます♪

英語が出来なくても異文化に触れる事は十分出来るのだけれど、英語をやっていると、特別意識しなくとも異文化に触れていることって多いんですよね。
こういう事がバイリンガルならぬバイカルチャーなのかなとも思います。

靴下ダイナソー面白いでしょ♪
色使いとか、かなりバイカルチャー感が出てるのかも(^m^)
2011/10/16(日) 00:46:29 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/755-bb9f580a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック