苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
苺ママへのFAQ(よくある質問) 2
予想以上に好評だった記事『苺ママへのFAQ(よくある質問^^) 1』

第二弾をすぐに書くつもりが延び延びになり、時々「あの記事の第二弾はまだですか~?」なんて催促いただくことも(^^;)

そこで、重い腰を上げて続きを書こうと思っていた所、ちょうどシオママさんの記事『シオが本好きになるまで』とリンクするような質問もよくいただくので、便乗してこの質問から先に書いちゃいます♪


【苺ママへのFAQ♪】


■R太郎君は、自然に本を読むようになったのですか?

この質問、第一弾の【■どうやって文字が読めるようになったんですか?】とも似ていますが、今回はただ単に「文字を読む」のではなく、「本を読む、本を好きになる」という観点から答えようと思います。

R太郎が小さい頃から「本が好きな子になって欲しい。そしていつか本から様々なことを学べる子になって欲しい。」というのが苺ママの思いでした。

その為に、日本語、英語を問わずしてきたことをあげてみます。



【日々の生活の中で】

●出来るだけ毎日の読み聞かせ。
特に寝る前の読み聞かせは習慣づける。
冊数にはまったく拘らず、「絵本を読む=ママとのコミュニケーション、リラックスする~」という感覚を大事にしてきました。

●R太郎が読んで欲しいと持って来た絵本は、忙しくても出来るだけその時に読んであげる。

●同じ絵本だとしても、好きなら何度でも読む。

●絵本の中で似た経験があれば話題にしたり、動物園や水族館に行った後やイベント時など、同じテーマの絵本を読んで体験と絵本をリンクさせる。

●絵本をテーマにしたごっこ遊び等、遊びと絵本もリンクさせる。
(例1) (例2) (例3) (例4)



【図書館で】

タダで本が借りられるというだけではなく、図書館という本を選び、読む空間に慣れ、出来れば好きになってもらいたい。

●時々図書館に連れて行く。

●ママおすすめの本以外に本人にも選ばせる。

●図書館内でも読み聞かせる。

●図書館の読み聞かせ会にも参加。

●司書さんおすすめの絵本を教えてもらったりして、司書さんとも交流する。



【本屋さんで】

●本屋さん(ブックオフ含む^_^)にも時々連れて行く。

●本人が欲しい本をできるだけ買う。

●本はレジへ自分で持って行き買う。(本を買う嬉しさ体験♪)



【家の中の環境づくり】

●本棚をリビングに置く。

●自分で選んでいつでも読める位置に子供用の本を並べる。

●一番取りやすい位置に、読んで欲しい本を配置換えすることも(^m^)





思いついたまま書いてみました。

全部読むと「こんなこと出来ない~(^^;)」と思う方もいらっしゃるかも? でも要は、

「本を自ら読むようになるには、文章を読めるように訓練する事はそれ程重要ではなく、本が好きになれば遅かれ早かれ読むようになるに違いない。そして“好き”という思いがあれば、成長しても本を読み続けてくれるのではないか。」

と思ってやってきたことです。ひとつ残らず実践しなくても、我が家では、「本が好きになる環境づくり」を考えながら本に触れる事が大切だと思っています。


さて、苺ママへのFAQは実はまだまだあるのですが、それは追々また気分が乗った時に(笑)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ふむふむ(^ム^)
ほんとお会いした時もR太郎君は黙々と読んでましたよね~♪
うちも大体同じ感じで進めれているので嬉しくなりました!
と安心していてはダメなんですが^^;

私も大賛成なのは絵本とリンクしたごっこ遊び!
うちは寸劇が多いのですが(準備いらず)
これが結構楽しめます^^
例2のレゴもこれからトライする予定!
楽しみです^^

苺ママへのFAQ!今後も楽しみにしています♪♪
2012/05/10(木) 16:38:25 | URL | Carriexxx #sCdCES4I[ 編集]
はじめまして。
「1」に続き、早く「2」がでないかなあと楽しみに待っていた一人です。
小2娘と年少息子がいます。

私も子供を本好きにさせたくて、ヒマさえあれば本読み、図書館通いをしていました。
娘はすぐに本好きになり、今もヒマさえあれば本を読んでいます。

息子は娘の時ほど読まなかったせいか、本読みをすればずっと聞いていますが、自ら「読んで~」と来ることは少なくて・・・。図書館で借りるのもいいけれど「自分の本」があるといつでも読めるからいいとアドバイスされ、できるだけ購入するようにしたところだんだん本好きになってきました。
今も寝る前の本読みはかかせません^^

遊びと絵本のリンクもいいですね!
私はこういうのが苦手で・・・。
参考にさせてください<(_ _)>

2012/05/10(木) 17:27:32 | URL | まやや #-[ 編集]
コメントしたつもりでした~。だぶっていたらごめんなさい。

そうそう、わたしもブログにはそこまで詳しく書かなかったけれど図書館へしょっちゅう一緒に行ってそのまで読み聞かせしたり、絵本を使いながら劇をしたり、レゴを使って再現してみたり、いろいろやりました。

まぁ、毎回ではなくてたまにですけど。(笑)


今はお菓子と同じような存在で「そういう悪いことするともう本読まないよ~」なんていう風に使ってます^^

本が好きな子は自分からすぐに読むようになる!って思っていましたが、そうでもないんですよね。子供は自分で読むよりママに読み聞かせしてもらうほうが大好き。英語育児ブログの中にはすごいお子さんもたくさんいるのでついつい惑わされますが、みんなまだ幼稚園、小学生低学年のお子さんがほとんど。日本語の本だって1人で読んでいる子少ないはず。

わたしも最近は絵本が好きだったらそのうち自分で読みたくなるだろうな~。と気楽に構えてむしろできるかぎり読み聞かせしていきたいと思うようになりました。(そのうち「もう良い!」って言われそうだし)

わたしも良くある質問シリーズ、今後も楽しみにしてます~♪
2012/05/11(金) 06:47:28 | URL | シオママ #-[ 編集]
★Carriexxxさんへ
お返事遅くなってごめんなさいっっ

不思議と仲の良いブロガーさんは本への関わりも似ていたり(笑)

ごっこ遊びもレゴもその時期でないと出来ない遊びなので、逆に絵本という題材がなかったら一緒に遊ぶことを始めていたかな?とも思います。

幼児時代がそろそろ終わろうとしている今、絵本を好きだからこそのコミュニケーションが沢山できて、本当に良かったなぁと(^^)

Carriexxxさんもyunちゃんとの幼少期の思い出がきっと一杯できますよ♪
2012/05/13(日) 18:33:47 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
★まややさんへ
はじめまして!
コメントありがとうございます♪
お返事が遅くなっってごめんなさい(>_<)

本好きも子供それぞれの性格があると思うので、うちで実践している方法が必ず本好きになるわけでもないし、同じご家庭内でも本好きの子、そうでない子と別れることも珍しくないですよね。

結果的に本がそこまで好きにならなくても、成長する過程でいつも本が近くにあるというのは、とても豊かな経験だなと思うんです。

これを機に、またぜひコメントをくださいね(^0^)
2012/05/14(月) 07:10:15 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
★シオママさんへ
お返事が遅くなってごめんなさい!!
シオママさんのおかげでようやく第二弾を書く事ができました~

親子英語ブログは、日々の日記、考えの整理、情報収集、交流など、冷静に読めればこんなに良いものはないのですが、「他のお子さんと比べて焦る!」これだけは曲者ですね、、、、

幼稚園児で驚くほど読めても、小学生になればみんな読める文章なので、私も焦る事は全くないと思います。

焦って読ませるよりも、本との関わりを楽しいものにしていけば、もっともっと成長してから本が好きな子になるんじゃないかと信じてやってます♪
2012/05/14(月) 07:29:08 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
うちも同じような方針でやっています!
ただ、R太郎くんほど読めるようにはなっていませんが(^^;

個人差もあるので、あまり比べないでいきます(^^;

そうそう、Stink、お勧めですよ!
2012/05/14(月) 12:16:50 | URL | なおぱぱ #-[ 編集]
★なおぱぱさんへ
なお君、随分読めるしどんぐりの背比べですよw(あ、どんぐり倶楽部はうちも始めてみます♪)

Stinkって"Judy Moody"の弟くんですよね。本家は数冊もっているのですが、まだ興味を持っていないので無理だと思ってました。

Stinkは主人公の年齢に合わせた難易度だったんですね!早速読ませてみま~す♪
2012/05/15(火) 11:22:34 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/843-84130065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック