苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
良書探しのママ多読 (29冊目)
R太郎が小学生になった頃読みそうな良書探しを兼ねた『良書探しのママ多読』

なんと一年半振りの更新です(^^;)
やたらと手をつけては放置のこのブログですが、どの企画も細々と更新中~

さて、前述の通りこの企画は「R太郎がこれから読みそうな本探し」だったのですが、今回取り上げるチャプターブックは「R太郎が既に読んでしまった本」です。しかもシリーズ3冊買ったものの、苺ママが一冊読んでいる間にR太郎は全冊制覇し、「ママも読んでご覧よ。」と急かされようやく読み終わったので、もったいから感想を書いておくか、、、という態度。いけませんね、、、、

洋書読み、これから苺ママももっと頑張らなきゃ!




Stink (Book #1): The Incredible Shrinking KidStink (Book #1): The Incredible Shrinking Kid
(2006/04/11)
Megan McDonald

商品詳細を見る


●ストーリー
Stinkは小学2年生。とても優しい両親とお姉ちゃんのJudy、そしてペットの猫とアメリカのバージニア州に暮らしています。Stinkの悩みは背が低いこと。
でも、クラスのペットのイモリの脱皮を目にしたり、第4代大統領のJames Madisonが小さかったことをなどを知り…。



●語数/ママ多読の総語数
5,502 語/189,516語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 2.5 (レベル2)
↑個人的にはレベル3ぐらいの印象。

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
小学校中学年
読み聞かせは6歳ぐらいから




人気チャプターブック『Judy Moody』の姉妹本(姉弟本^^;)シリーズの第一作目。『Judy Moody』より低学年向け。文字もそれなりに大きめで、ほぼ各見開きにイラストが入っています。
各チャプターの最後には、主人公のStinkが描いたとされる1ページコミックのオマケ付き。

学校では背が低いのを悩んで保健の先生と話したり、大統領のことを調べて表現する歴史の時間、ペットを持ち帰り観察日記を書くサイエンスなど、学校での授業と家庭でのフォローがしっかり描かれています。

Stinkシリーズは意外にお勉強系なのかな?
我が家でもこの一冊でも、頭文字を取ったセンテンス作りやいくつかのアクティビティに発展しました。



【関連リンク】
『Stink』公式サイト

本家『Judy Moody』公式サイト


★良書探しのママ多読 本棚
 今まで読んだ本が並んでいます♪
ブクログ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
待ってましたぁ♪
でもそんな久しぶりでしたっけ?(笑)

その姉妹本?の元のほうはカートに入れてあるんですが、うちはまだまだかなぁ。
これも5千語かぁ。うちは語数多いのはどうもまだダメみたいなんですよね~(;^_^A
2012/05/30(水) 14:52:15 | URL | りゅうママ #-[ 編集]
★りゅうママさんへ
りゅうママさ~ん、このコーナーではいつもコメントをしていただいてありがとうございます!
こんなに時間が空いても忘れずにっっ(><)

一年空いても未だこのレベルの読みに時間がかかっている私。。。。
本当にママ多読で鍛えないといけませんね。
がんばりま~す!
2012/05/31(木) 00:57:35 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/851-92acd538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック