苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
"楽しい♪英語育児"のエネミー撃退!?
R太郎がインター小学校に入学してから、すっかり「親子英語」から遠のきつつある我が家。

でもその代わり新たに現れたエネミー(?)の「宿題」に苦労しています。これは手強い〜(><)
前回ブログでも少し触れましたが、きれいに文字を書かねばならないので、大した量ではないのにとてつもなく時間がかかる!



今まで我が家では、課題をさせるような取り組みはほとんどなく、苺ママが入手したDVDや本を楽しみ、R太郎の興味に沿ってそれを遊びや他の教材に発展させたり、たまにするワークブックにしても本人のやりたい気持ちを刺激するようなものを選んできました。そして、「これはやりたくない」と言えば全て受け入れて来ました。

それは我が家の英語育児が、このブログタイトル「英語育児って楽しい♪」という軸だけは崩したくないと思っているから。

でも、毎日この「宿題」を持ち帰るようになってから、家の中で「早く宿題やったら? → え〜まだ遊んでたい!」という会話が繰り返されるようになってきちゃって(^^;)
間違いをちょっとでも指摘するとムス〜とした顔で書き直すし…

あ〜これはまずいなぁ(^^;)
幼児と違い、小学生になったらある程度のお勉強的取り組みも必要になってくると思ってはいましたが、これが定着すると、お互いにとって「英語育児って楽しくない!」となるのが目に見えています。で、来年の公立小入学を迎えると、、、、(こわっ)



そこで、宿題に対するアプローチを考えました。

●「宿題をやりなさい」ではなく、
 「やらずに持って行ってもいいよ。」と声かけ。
 ↑やらずに行ったら先生に本人が何か言われるはず(^m^)

●スペルなど本人から聞かれたら教えてあげる。

●聞かれないスペルも含めて、
 明らかな文法ミスも指摘しない。
 ↑ママの能力的に“直せない”ことも多いけど(^^;)、
  そこは先生に直してもらうべき。



結局は、
先生がR太郎に出した宿題なのだから先生に任せる!

当たり前のことを太字で書いちゃった???(笑)
でも、そう思ったら気持ちがとても楽になりました♪


それで2週間近く経ち、文字をある程度綺麗に書くポイントもわかって来たようで、サクッと終わらすようになって来ました。特にジィジの家や学校でやってくると早い早い!
R太郎も、家で宿題をするとダラダラしてしまう事を感じたようで、放課後のホームワークタイムで出来るだけ終わらせて、家では思う存分遊びたいということ。この希望はありがたい!

「先生とR太郎の約束事を守るのに、R太郎がママに助けを求めて来たら助けてあげるよ(^^)b 心強いでしょ♪」

そんな姿勢で暫くやってみようと思います☆

関連記事
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです☆
ホームワーク問題、いい感じに解決しましたね!!

うち小学1年生も国語算数のプリントと音読の宿題をほぼ毎日持ち帰ってきます。どうしても後回しにするから翌日学校行く直前にやってたり…「宿題、宿題!」って言いたくないから「宿題やった?」ってプラカードを作って黙って出すようにしようかな?なんて考えたり(結局やってないけど)。

「別に、やりたくないならやらなくったっていいよ」と言ってた事もあるんだけど、私の場合、それは本心じゃないからやめました。

最近になってやっと、その日のうちに片づける、が定着しつつあるかなぁ~?

R太郎くん、放課後に片づけちゃうなんて偉い!!でもって、ホームワークタイムなんてのがあるって事にもびっくり!

親もやらなきゃならない事を後回しにする癖を改めなきゃなーなんて思うこの頃です(^^;)
2012/09/14(金) 09:43:56 | URL | モト #LvECUUZU[ 編集]
★モトさんへ
小学1年だとそんなに難しい内容ではないのに、させようと思うと険悪になる火種よね(>_<)

プラカードには笑ったwww モトさんだったら可愛いの作りそうだわ♪ トイレや冷蔵庫のドアとか、目につくところに飾って置くとか(笑)

「やらないで行ってもいいんだよ」ってのは、私の場合本心。やらないで先生からお話しがあれば、それはそれで本人の心に響くかなと。今後の事も考えると、ママにさせられてするのではなくて、自分自身の意思でやるにはどうすればいいかな、、、と試行錯誤中です。


>親もやらなきゃならない事を後回しにする癖を改めなきゃなー

耳が痛いっっっ
To Doリストを溜めまくりで、もうどうでも良くなりかけてるこの頃です(^^;)
2012/09/14(金) 15:09:19 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
今までの方針も、現状での課題も同じですね~
男児にはありがちなのかな~。

好きなことはいくらでも集中してやるのに、やる気がないときはいくらせかしてもだめなんですよね。

うちも強制なんてやろうとしてもできないので、苺ママさんのやりかた、見習わせてもらおうと思います!

しかし、毎日じゃなくて週ごとの宿題なのにこのていたらく、というのが情けない(^^;
2012/09/14(金) 17:26:42 | URL | なおぱぱ #-[ 編集]
エネミーって宿題だったのですね~ww

私も小学生になったら、宿題するかしないかは自分で決めてもらおうと思います^^ やって行かなかった場合にどうなるかもよい経験。

スペルミスも文法誤りも先生に今の実力を知って頂くのには絶好のチャンスだと思います。
2012/09/14(金) 18:03:00 | URL | リツコ #vQU5PwVA[ 編集]
★なおぱぱさんへ
この年齢の男の子にありがちなんですかね…

なお君とR太郎の様子があまりにもそっくりなので、冷静に分析できてありがたいです。我が子だとイラッと来るのが先ですから(笑)

一週間に一度でも、毎日でも宿題は宿題、本人にとっては同じでしょう。逆に親にとっては、一週間開く方が長い事気になってしまうかもしれませんね。

まあ、宿題はすべて提出する事を当面の目標にしましょう!
2012/09/15(土) 04:28:38 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
★リツコさんへ
大げさのようですが、今まで好きな事ばっかりやって、英語に楽しく関わっていた我が家の親子英語には、まさに「エネミー」でした(^^;)

先生に実力を知ってもらうのも、先生に指摘されるのも大事ですよね。

今回、宿題は、親←(本人)→先生ではなく、本人←→先生の関係をしっかり守っていってこそ、ちゃんと機能するものなのだと思いました。
2012/09/15(土) 04:40:14 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/887-3af24021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック