苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
読書記録(1/20-1/26) & MTHのパスポート
今週読み切った洋書の記録です。

今週初めて手をつけたのは、これまた人気シリーズ『Diary of a Wimpy Kid』。200ページもあって今まで読んだ中で一番分厚い本ではありますが、マンガ的イラストもふんだんに使われ語数としては1万語程度。先週から読み始めた『Magic Tree House』の新シリーズや『Encyclopedia Brown』と同じぐらいなんですね。
内容の理解はよくわかりませんが、1万語ぐらいの読書体力がついてきたということなんでしょう。


【Captain Underpantsシリーズ】

Captain Underpants And the Preposterous Plight of the Purple Potty PeopleCaptain Underpants And the Preposterous Plight of the Purple Potty People
(2012/01/01)
Dav Pilkey

商品詳細を見る

(初読)●語数:7,177語
このシリーズの1作目は苺ママも読みましたが、あまりにバカバカしいので続編を買おうか迷った程(^^;;)
その後もスクールから借りて来たりとお気に入りシリーズとなっているので、ブクオフ(105円)で何冊かまとめ買い。それにしても、この内容でも思いのほか語数が多いのだから子供の多読には良いのでしょうね〜


【Magic Tree Houseシリーズ】

Magic Tree House #32: Winter of the Ice Wizard (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #32: Winter of the Ice Wizard (A Stepping Stone Book(TM))
(2011/10/11)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

(初読)●語数:10,876語
29巻以降の新シリーズを何冊か。新シリーズはスクールにも図書館にもないようです、、、(泣)


Magic Tree House #35: Night of the New Magicians (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #35: Night of the New Magicians (A Stepping Stone Book(TM))
(2007/08/14)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

(初読)●語数:11,651語
今回はエッフェル、エジソン、ベル、パステルと出会う旅。伝記で知ったばかりの偉人達が勢揃いで喜んで読みました。偉人達の名言も出てくるらしく、それを日本語で説明もしてくれました。この本はママも読みたい!(ママ多読は、今まだ『Encyclopedia Brown』をのんびりと^^;;)


Magic Tree House #39: Dark Day in the Deep Sea (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #39: Dark Day in the Deep Sea (A Stepping Stone Book(TM))
(2009/04/28)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

(初読)●語数:11,676語


Magic Tree House #44: A Ghost Tale for Christmas Time (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #44: A Ghost Tale for Christmas Time (A Stepping Stone Book(TM))
(2012/09/25)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

(初読)●語数:13,479語
お出掛けついでに寄った本屋さんで立ち読み読了(^^;;)
『クリスマスキャロル』を書く前のチャールズ・ディケンズの話、だとR太郎談。『クリスマスキャロル』は去年スクールで知ってからクラスの中で“怖い話”とされていて、怖いもの見たさで読んで後悔もしていた様子でした(^^;;)


【Berenstain Bearsシリーズ】

The Big Book of Berenstain Bears Beginner Books (Beginner Books(R))The Big Book of Berenstain Bears Beginner Books (Beginner Books(R))
(2011/08/09)
Stan Berenstain、Jan Berenstain 他

商品詳細を見る

(既読)●6冊合本なので、何冊分読んだかは不明


【Diary of a Wimpy Kidシリーズ】

Diary Of A Wimpy KidDiary Of A Wimpy Kid
(2008/07/03)
Jeff Kinney

商品詳細を見る

(初読)●語数:10,416 語

::::::::::::::::::::::


『Magic Tree Houe』の公式サイトには、“Reading Passport”というコーナーがあり、読んだ本を記録しておけます。簡単な登録でのログインが必要なのですが、読んだ本についての何問かの質問に全問正解するとその本を読んだスタンプがつくというシステム。

『Magic Tree Houe』は本編だけでも48冊、それに各テーマの事実について知る事ができる“Fact Tracker”やゲーム本を入れると、現在ざっと75冊!

こんなたくさんのスタンプスペースがあるのですから、パスポートにスタンプが埋まってくると本人も嬉しいようです。また、スクールや図書館それにお友達に借りて読んだ本もあるので、次に借りるべき本を苺ママが把握するにもとても便利です。パスポートも随分溜まって来たのでチェックしてみると、新シリーズ前の28冊中で読んでいない本は一冊のみでした。今週はそれを図書館予約したのでまず最初のシリーズは埋まるかな。

『Magic Tree Houe』は、お話を楽しむだけではなく、歴史や知識の入り口としてもよく出来ていて、最近は一冊読むと、もっと展開した本を読みたがるようになりました。28巻目までは語数も少ないせいか、大人が読むとストーリーが浅い印象でしたが、新シリーズは語数が増えた分面白いという噂も(^^)
新シリーズもママ多読しなきゃいけませんね。

あ〜!ママ多読本が溜まっていく〜(´Д`;)



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/917-8cb3d421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック