苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
読書記録(1/27-2/2) & 2kmマラソン
最近暖かい日が続き、気持ちもなんだか和らぎますね。この暖かさで?ママ多読がいつものように進まない中、R太郎の読書はまた増えて来ました。シリーズにつき1,2冊はママも読んで行きたいなとは思っているんですけどねぇ。

まずは先週読んだ本の記録です。


【Magic Tree Houseシリーズ】

Magic Tree House #26: Good Morning, Gorillas (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #26: Good Morning, Gorillas (A Stepping Stone Book(TM))
(2002/07/23)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

(初読)●語数:6,083語 YL:3.6
この本でオリジナルシリーズ28作全て読み終わりました。29冊目からは図書館にないのでこれからは少しずつ、、、(^^;;)

Magic Tree House #38: Monday with a Mad Genius (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #38: Monday with a Mad Genius (A Stepping Stone Book(TM))
(2009/01/13)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

(初読)●語数:12,638語 YL:3.0
レオナルド・ダ・ヴィンチが出てくるお話。「ダ・ヴィンチは左手で文字を反対に書いて、鏡に映したんだって!」と目を丸くしていました。そういえば『ダヴィンチコード』にそんなくだりがあったな(^^)


Magic Tree House Fact Tracker #2: Knights and Castles: A Nonfiction Companion to Magic Tree House #2: The Knight at Dawn (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House Fact Tracker #2: Knights and Castles: A Nonfiction Companion to Magic Tree House #2: The Knight at Dawn (A Stepping Stone Book(TM))
(2000/08/01)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

(初読)●語数:5,228語 YL:3.5
『Magic Tree House』に取り上げられたテーマの事実についての本『Fact Tracker』。『Fact Tracker』も地元図書館にある事を知り、選んだのが2作目『The Knight at Dawn』に合わせたテーマのこの本。本編はR太郎が好きな1冊ですが、苺ママはあまり興味が湧かなかった記憶が、、、。恐竜、騎士&城、ミイラ、海賊、とシリーズ初期のテーマは、さすが子供(特に男の子?)の心をがっちり掴むテーマを持って来てるんですね(^^)
(→“良書探しのママ多読”でのレビュー記事)



【Encyclopedia Brownシリーズ】

Encyclopedia Brown Finds the CluesEncyclopedia Brown Finds the Clues
(2007/09/06)
Donald J. Sobol

商品詳細を見る

(初読)●語数:10,802語 YL:4.5
地元図書館にて読了(^^)
このシリーズは、少年探偵ブラウン君の事件簿。読み手の子供達の集中力が切れない程度の短編集となっています。事件解決後は必ず、“彼はどうしてこの謎を解いたのか?”という問いかけで終わり、巻末でその答えを読める作り。
探偵ものが好きなR太郎は夢中で読んでいますが、果たしてどれほど理解をしているのか、、、が一番の謎(^^;;;;)



【Diary of a Wimpy Kidシリーズ】

Diary of a Wimpy Kid: Rodrick RulesDiary of a Wimpy Kid: Rodrick Rules
(2009/02/05)
Jeff Kinney

商品詳細を見る

(初読)●語数: YL:3.5
スクールの図書室から。通学中は出来るだけスクールから借りて来て欲しいと考えていましたが、週1冊ということで残念。こうなれば、出来れば高価な本はここで借りて来て欲しい!と密かに願うママです(><)


Diary of a Wimpy Kid: Do-It-Yourself BookDiary of a Wimpy Kid: Do-It-Yourself Book
(2011/06/09)
Jeff Kinney

商品詳細を見る

この本は読み物ではなく、自分についてのことをあの手この手で面白おかしく書き記し、最後には“Diary Of A 〇〇(じぶん)”の執筆で締めくくるというワークブック的な本。もちろん【Diary Of A Wimpy Kid】のテイスト全開です。
去年、紀伊國屋のセールで勢いで購入してしまった1冊でしたが、素材ひとつひとつに対してよく考え、最後はそれをまとめて表現するというライティングのステップに楽しく取り組める一冊だと思います。
R太郎は自分ではなく架空の人物について何やらあれこれ書き込んでいる模様。あまりにオバカな内容なので、ここでの発表は控える事にします(^^;;)


:::::::::::::::::::::::::


地元のマラソン大会にR太郎と二人で出場しました。友人に誘われた時には逃げ腰だった苺ママも、R太郎と2kmの親子マラソンならとエントリー。

お天気にも恵まれ、実際に走ってみると、あれ?なんだろ、この爽快感☆ これはクセになりそうです♪

R太郎はというと、、、
「気持ちよかった〜!来年は1人で走るから、ママは応援してていいよ♪」と。
またママと走ってくれないのかい〜(泣)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/919-ccdb7226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック