苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
オンラインレッスンを始めました!
春休み、いよいよ小学校入学も目前に迫り、オンラインレッスンを始めることにしました。

オンラインレッスンは、苺ママとフィリピン人の先生とのレッスンに途中で割り込んだり、子供専用のオンライン教室でトライアルレッスンも受けた経験もあるのですが、今回はアメリカ人、それもR太郎からすればおじいちゃんほどの年齢の方。実際にR太郎と同じ年齢のお孫さんがいらっしゃるらしく、まるで孫に色々教えてくれるおじいちゃんとの会話(笑)

トライアルレッスンでは、学校の話から始まり、世界のダンス、ゲーム、コンピュータ、大統領、伝説などどんどん広がり、お互い発言も活発で先生とR太郎の相性はピッタリ!以前、子供専用のオンライン教室でESLのテキストを使った時の25分間と比べたら、同じ時間とは思えない程の内容の濃さ。

R太郎には、こういうスタイルの方が合っているかもしれないな、と感じました。

ただ、横で聞いている苺ママにも二人の会話がわからない部分もあるので細かいチェックは出来ないものの、トライアルレッスンでは英語を文法的に直される事が全くなく、これをレッスンとして繋げて行く方法をママの方でも考えておいた方がいいのだろうな、とも思いました。

::::::::::


そこで次のレッスンでは、トライアルレッスンで習ったアメリカの伝説(Tall Tale)に因んで、日本の昔話「金太郎」に関するライティングを見てもらうことに。

いきなりフリーで書くよりも、ワークシートの方が書くべきポイントも身に付くのではと考え、いつもお世話になっているeducation.comを検索。読んだ本のキャラクターのトレーディングカード作りをするというものにしました。


20130328.jpg

このワークシート、キャラクターの特徴や好み、どこが他と違うかの他に、自分との共通点なども考える内容でなかなか面白い♪ 

そしてレッスンでもライティングの方もしっかり直され、その場で一所懸命書き直すR太郎。内容も更に膨らませてもらい、とてもバランスの良いレッスンになりました。

::::::::::


レッスン3回目はオンライン教材をお願いしたところ、アメリカのTall Taleの代表格とも言えるらしい『Paul Bunyan』のお話が送られて来ました。生まれながらの巨人で、青い牛Babeを連れてアメリカ中の山や川、湖を作る木こりのお話。ミシシッピー川を作ったのも彼だとか(笑)

そんなホラ話も昔のアメリカの文化であったりするそうで、education.comで更にTall Taleを調べてみると、Tall Taleを分析し、自分でも創作するようなワークシートもありました。これは2年生向けだけど、次回はこれにチャレンジしてライティングをチェックしてもらうのも良いかも。


小学生からのオンラインレッスン。こんな感じでスタートしました。春休みの間は週2回、学校が始まったら当分週1ぐらいかな? ホームスクーリングサイトのカルキュラム等も参考にしつつ、4技能、特にスピーキングとライティングを中心に、これから試行錯誤で続けて行こうと思います!

意見交換やアドバイスなどウェルカムです♪
どうぞよろしくお願いしま〜す(^^)




関連記事
コメント
この記事へのコメント
さすがの一言です!education.comからとても上質かつ面白いワークを見つけてくるあたり、苺ママさんのセンスが光ってます!!education.com、私はアプリとクラフト系ばかり見てました(笑)

R太郎君はG1とはいえReadingの力はとても高いので、writingをやっていくのは良策に見えます。
親子英語や帰国生で小学生のお子さんをもつ親御さんから良いアドバイスを頂けるといいですね^^

2013/03/28(木) 16:52:01 | URL | リツコ #vQU5PwVA[ 編集]
★リツコさんへ
今まで家でワーク系をすることはほとんどなかったのだけど、インターの宿題に慣れたおかげで、ワークに取り組むのに抵抗がなくなったみたい。

ただ、ワークと言っても、オンラインの先生とのスピーキングを前提にしているので、ウケ狙いと思えることも書いていて、これもいいかなと♪

R太郎は好きでよくものを書くのに私が見てあげられないので、オンラインの先生にチェックしてもらって、さらに書き方なんかもちょこちょこ教えてくれればーと思ってます。

さーてどうなることやら〜(^^)
2013/03/29(金) 08:13:34 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
今までR太郎くんがwebレッスンやワークをほとんどやっていなかったんですね〜。それらが必要ない環境にいたことが羨ましいですが(笑)このくらいの年齢になってからの方がwebレッスンが生きてくる気がします。

readingとwritingが本格的に始まってからのwebレッスンではできることも幅が広がりますね!

小学生になってからの英語キープにはreadingとwritingがかかせないと聞きますし、もう準備はバッチリですね!

webレッスン、良いスタートが切れて良かったですね!!

2013/03/29(金) 18:39:39 | URL | シオママ #-[ 編集]
★シオママさんへ
そうですね〜、本当に良い環境でした、、、
指示通りにするのが嫌いな性格なので、特に家庭でママにそれをさせられるのは嫌がっていました。、、、といっても、ある程度自由度のあるワークはお楽しみ程度にやっていましたが(^^;;)

インターに入り、宿題の洗礼には悩んだこともありましたが、結果としてそれがワークへの慣れにもなったようです(^m^)

ワークやWebレッスンは小学生近くになると、今までよりぐっと意味のある物になってくると思います。我が家も時々スカイプで英語仲間と話したり、無料レッスンをしたりもしたけれど、幼児期は目も当てられなかったのが、ここに来てしっかりレッスンになってるんですから(^^)

ただ、ESLの系統だったテキストを使用しない場合、カルキュラムは全て私にかかっているので悩みます、、、でもまあ、これも楽しみの一つになりそうかな(笑)!?
2013/03/30(土) 17:11:00 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
我が家も長男(今年6年生)が小学校入学時、これからどうしようといろいろ考えました・・
息子は書く事はあまり好きじゃなかったので(日本語でも)、まずは読解力を強化しようと、オンラインレッスンを取り入れた時にはテキストよりも息子の好きそうな話題の英語の本をスキャンして送って一緒に読む、内容について一緒にしゃべる、みたいな事をしてました。
そのスタイルにある程度慣れてから本格的にESLのテキストを使用しましたがやはり読む、話すを中心にやってきて書く事は今だにそんなに力を入れてません。というのも英語を嫌いになって欲しくなかったのと、中学生からの勉強でも英作文は充分できるようになると思っているから。
週に一度のネイティブ生レッスンでは英語で文法事項を習ったり長文読解みたいなテキストもやってます。
知り合いになった英語育児親子仲間と比べるとゆるめの取り組みをしてきたにも関わらず、息子の英語力はそれなりに上達していき、具体的に言うと英検2級取得の英語力を身につけられました。そして話し言葉でのライティングもストレスなくできるようになってます(間違いもありますけどね、汗)。課題は書き言葉の習得ですね・・・これは日本語でも言える事ですが。

R君はもともと読む力がついているのと書く事にも慣れてきたとの事なので、最初からネイティブ向けのテキスト投入しちゃっても大丈夫なんじゃないかな?ただ精神年齢とか考えると、本人が楽しいと思える内容じゃないととたんにつまらなくなっちゃってやる気なくなったりするかも・・男子だから(←うちだけかもしれませんが、苦笑)

でも子どもが食いつきそうな、楽しそうかつ力がつきそう素材を探して先生にリクエストして、ためになっているかチェックして・・ってものすごく手間と時間がかかるんですよね・・・それを趣味として楽しめればいいんですけど(笑)。高学年になっちゃえばwebのニュースサイトなどを指定して先生におまかせとか、骨太なテキストも利用できるようになっちゃうと思うので、それまではがんばってくださいね!
うちには年長になる妹もいるので苺ママさんの取り組み、参考にさせてもらいます!
ありがとうございます♪
2013/04/03(水) 14:59:57 | URL | みかりん #-[ 編集]
★みかりんさんへ
みかりんさ〜ん!
とても丁寧なコメントを残してくださりありがとうございます!!
先輩の通って来た小学生の英語街道、と〜っても参考になります!

やはり小学校へ上がる前のこの時期はあれこれ考えるものですよね。特に第一子の場合、小学校生活のタイムスケジュールや勉強、子供の体力もよく把握できていないので、どこまで何をしていいのかわからず、とりあえず何でも!とあれこれ手を出す時期かも(^^;;)

好きそうな話題の本をスキャンしてそれについて話すのもいいですね!興味がありそうなものを探して使うのが一番ですよね。でも確かに、それを私が随時提供しようと思うとできるかどうか、、、
いや、そういうのは嫌いではないのですが、英語ばかりにかまけていられないのが現実なんでしょうね〜

またお会いしてお話しを伺うのを楽しみにしています♪
2013/04/04(木) 07:03:54 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントしたかったんです!
ご無沙汰のコメントで失礼しますf^_^;)
実は先週この記事を見て、これはぜひシェアしなくちゃ!と思い、これを機会に小3になる息子のWEBレッスンの振り返りをブログでもしてみたところです!
参考になってくれたら嬉しいです♪

苺ママさんが感じたように、息子もR太郎くんと同じでこちらでお題は決めてできたらreading素材も用意してそれについて話す方が話す力がつきました♪うちも文法は直されたことがありません。誰にでも言い間違えはあるし、というのが普段から英語を話す子へのアプローチらしく、とにかくトーク、トーク、よほどおかしければ、先生が話したいことをまとめてくれる、
といった感じです♪そういった点で、私もESLとしての教え方を好む先生よりあえて、実践方の先生を選ぶようにしています♪またオンラインの報告楽しみにしていますね♪
またコメントします♪
2013/04/08(月) 18:32:42 | URL | リコ #-[ 編集]
★リコさんへ
ありがとうございます!
リコさんの記事もじっくり拝見させていただき、参考にさせていただきます!

うちの場合は、どうやら本人が細かく直されることへの抵抗感がないようなんですよね。
だからもしかして、好きに話す先生の他にもう一人、しっかり直してくださる先生にも交代でお願いした方がいいのかな、とも思っています。

オンラインについては始めたばかりなので色々試しながら進めて行く事になります。これからもアドバイスやコメントをいただけたら嬉しいです♪


2013/04/09(火) 11:17:36 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/926-ab001493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック