苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
良書探しのママ多読 (32冊目)
R太郎が小学生になった頃読みそうな良書探しを兼ねた『良書探しのママ多読』

なんとこのカテゴリーは一年振りの更新!
最初に書いた通り「R太郎が小学生になった頃読みそうな」児童書探しだったわけですが、とうとう小学生になってしまったんですね、、、

過去記事を読み返してみると、既に一年前の『Stink』シリーズを読んだ時のきっかけがR太郎に読めと勧められたからのようですが、今回読んだ本もまったく同じきっかけ(^^;;)

本選びはまだ基本的に苺ママがしていますが、その内『子供おすすめのママ読書』になる日も近いのか?(笑) 





The Candy Corn Contest (The Kids of the Polk Street School)The Candy Corn Contest (The Kids of the Polk Street School)
(1987/11/02)
Patricia Reilly Giff

商品詳細を見る


●ストーリー
Richardのクラス担任Rooney先生は、サンクスギビング(感謝祭)前のクラス内イベントとして、大きな瓶に詰まったキャンデーコーンの数当てコンテストを発表します。ルールは、その日に読んだ本のページ数と同じ回数だけ推測でき、見事個数を当てた人がキャンデーコーン全てをもらえるというもの。
でもRichardは本を読むのが苦手。クラスメイトのTimothyが何十ページも読む中、なかなかページ数が上がりません。そんな時、彼が魔が差してしまった行動が、、、

●語数/ママ多読の総語数
7,936 語語/211,078語

●YL(読みやすさレベル) ※レベルについて
数値0.0~9.9中(数字が小さいほど簡単)

YL 3.0 (レベル3)

●対象ネイティブ読者(苺ママの推測)
小学2〜3年生ぐらい




コンテストの行方とは別に、同時進行でRichardはクラスの男子を自分の家のスリープオーバー(お泊り)へ誘うというイベントでも何かと頭を悩ませ、学校生活でありがちな友人関係等が交差します。

本のジャンルは『Marvin Redpost』シリーズや『Stink』シリーズと似て、日常のちょっとした出来事で少しだけ成長する子供のお話。まだまだ欲望に素直な行動と、それを後悔する気持ちが入り混じっている小学校低学年の男の子の姿とR太郎がバッチリ重なります。

それから、この本では日本とは違うアメリカらしい生活もよく描かれています。サンクスギビングや、クラスのイベントでキャンディーを賞品にしたり、スリープオーバーなんていうのもそうかな?

サンクスギビングはアメリカとカナダの祝日なので、日本では一般的にあまり知られていませんが、あちらではとても盛大にお祝いしますよね。R太郎もプリスクールやインター小にいた頃は、サンクスギビングが近づくと七面鳥のクラフトやインディアンのフェイスペインティング、また先生方が作るランチをみんなで食べたり、なんてことをしていました。

お菓子についても日本の幼稚園や小学校よりもかなりオープンだったような。ご褒美シールを集めるとその分キャンディーをもらえるとか、バレンタインにはクラスみんなでお菓子とカードの大交換会、誕生日だけでなく様々なイベントで手作りケーキやお菓子が登場、、、と最初はかなり違和感のあったママでした〜(^^;;;)

こう考えると、これからR太郎が本を読むことで、同世代の子供へ共感する部分もありつつ、自分の知っている世界とはちょっと違う生活も読み取って何を考えるのかな〜、というのも楽しみになって来ます。

そんな話を一緒にするには、やっぱり時々R太郎の読んでいる本を読まないとね(^▽^;;) 完全に子供の読書の後追いとなってしまいましたが、これからも“時々は”読むぞ〜!(笑)




【関連リンク】

『Kidnapped at Birth? 』
 "Marvin Redpost"シリーズ1作目の紹介

『The Incredible Shrinking Kid』
 "Stink" シリーズ1作目の紹介

関連記事
コメント
この記事へのコメント
久々のママ多読ですね!
あれ、R太郎くんの方が読むレベルがもう上では、と思ったんですが(失礼)、やっぱり後追いなんですね(^^)

でも、子どもと同じ本を読んで共感できる、というのは大切だと思います!

このシリーズ、聞いたことあります。こうした本で海外の学校の様子について触れるのもいいですね。
2013/08/30(金) 19:12:28 | URL | なおぱぱ #-[ 編集]
★なおぱぱさんへ
あははは、久し振りのこのカテゴリー更新に、同じ疑問が過った方は少なくない?抜かされそうになっても踏ん張らなかった辺り、この性格がママの今の英語力の原因なんでしょうね(^^;;;;)

それでもR太郎の読んでいる本について、少しでも知っておきたいっていうのはあるんです。全部は無理でもシリーズの第一作目はなんとか…コツコツ頑張ります(笑)

この本もシリーズなんですね。元はBrain Pop Jr.で紹介されていて、良書なんだろうなと購入したのですが、好評だったので他のも読ませてみようと思っています。
2013/08/31(土) 06:23:22 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://junew.blog50.fc2.com/tb.php/951-16633e2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック