苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
我が家のオンラインレッスン
R太郎がオンラインレッスンを始めたのは小学校入学直前。もう1年以上が経ちました。

1週間の受講時間も、最初は週2コマ(計50分)のみでしたが、毎日受けることが出来るDMM英会話に移ってからは平均して週5コマ(計2時間5分)受けるようになりました。

勉強に、遊びに、また他の習い事にも忙しい小学生。無理なく毎日英語を続けるには、我が家としてはこんなところで精一杯です。去年は取り組んでいたワークブックも、オンラインで使用する以外のものは夏休み用に見送り〜

それでも、4技能の向上の他にサイエンスやニュース記事にも徐々に慣れさせたいし、ディスカッションや調べ学習なんかも取り入れたい、だけど勉強ばかりじゃなくてフリートークもないとな…と欲張り母さん(笑)
この時間をフルに活用するにはどうすれば良いかと試行錯誤してきました。

そこで、親子英語仲間でもオンラインでどんな事をやっているかという話題がよく出るので、現状把握の為にも今回は今月の我が家の場合を書き出してみることにしました。




まずは、1コマずつの内容。

1週間にライティング1回、ノンフィクションワーク1回、ニュース記事のリーディング&ディスカッション1回をそれぞれ決まった先生で押さえ、その他はフリートークでR太郎のお気に入り講師の中から予約出来る方を入れています。ニュース記事については、どの先生も時間が余ればいつでも取り組めるように準備してあります。

我が家の受講可能時間帯は夜6時半から7時半。そこに講師の開講時間を照らし合わせると、選択肢は多くないけれど、まあバランスよく取れているんじゃないかな♪




次に、使用している教材です。今まで紹介したものばかりですが、オンラインレッスンでの使い方という視点でまとめてみました。

::::::::


■ライティング…

Spectrum Writing, Grade 3Spectrum Writing, Grade 3
(2006/12/25)
Frank Schaffer Publications

商品詳細を見る

Grade2も使用したこのシリーズ。ライティング(作文)の書き方を基本からしっかり教えてくれます。今月からGrade3を開始。Grade2後半辺りからは、文法やスペルの間違いだけではなく、より良い作文の指導になるのでネイティブの講師に教えていただいています。
このワーク自体1レッスンとして2〜3ページに分けてあるので、その区切りで予め取り組み、それをPDF化して講師に送り、答え合わせのような感じでオンラインレッスンを受けます。
1レッスンで10行ちょっとの作文を毎回書いています。

::::::::


■ノンフィクションワーク…

Nonfiction Passages With Graphic Organizers for Independent Practice: Grades 2-4Nonfiction Passages With Graphic Organizers for Independent Practice: Grades 2-4
(2005/12)
Alice Boyton、Wiley Blevins 他

商品詳細を見る

この記事でも紹介したノンフィクションワーク。テーマが年齢にピッタリで、読解の選択問題だけではなく、記事を表にまとめたり分析する問題がついているのがお気に入りです。ただ、講師からはもっと語彙や読解問題のレベルを上げた方が良いのではと言われているので他も検討中。


::::::::


■ニュース…
オンラインレッスンで使用している子ども向けニュースサイトです。数多くのニュースサイトの中から、この3サイトは取り上げられる記事が面白く、1つの記事の長さがレッスン1コマ分で扱う分量として程好く、更新が頻繁なサイトです。
親子でこの3サイトをよく巡回し、面白そうな記事があれば随時ブックマークしておきます。

TFK.jpg
『TIME for KIDS』
さすが『TIME』誌の子ども版。アメリカ国内外のニュースの他に、サイエンス、ヘルス、エンターテイメントなど幅広い分野のニュース記事が掲載されています。キッズレポーターのインタビュー記事はレッスンで使った事はありませんが、講師と役を決めて読み合わせても良さそうです。


DOGO.jpg
『DOGO News』
このサイトの一番のお気に入りは、記事の最後に読解問題と、「Critical Thinking Challenge」という、記事に対する自分の意見を問う問題がついているところ。講師によってはありがちな、“ニュース記事を読ませて、語彙説明で終わり〜”というレッスンにはなりません。
また、記事中の難しい単語には色がついていて、クリックで辞書が出て来るので自習でも使えそうです!


schola.jpg
『Scholastic News for Your Classroom』
Scholastic社サイト内のニュースコーナーです。デイリーニュースや、同社が発行している子ども向け雑誌からピックアップした記事が載っています。“for Your Classroom”というだけに、授業でもディスカッションに使えそうな記事選択になっているように感じます。

::::::::


■フリートーク…

暫く気になっていたスピーキング力の低下(関連記事)
オンラインレッスンをほぼ毎日続けて来たからか、それとも知力の成長に語彙力が追いついて来たのか、いつの間にか“Amm...”という回数が減り、また以前のようにスラスラと話すようになりました。

フリートークレッスンでは、英語レッスン的に良いのかわかりませんが、説明が難しくて困った時はすぐにwikiやGoogleで調べてリンクを送りその補足で説明を付け加える、という技も身につけました(^^)

今は、あと20日に迫ったサッカーワールドカップに向けて、サッカー話で最高に盛り上がれる講師を、色々な出身国からピックアップ中。


::::::::


最後に…

我が家の場合、よく他の方のブログで見かける、“講師にどう指導して欲しいかを細かくメッセージで伝える”ということは、全くしていません(正確に言えばママの英語力が低くて出来ません!)。

なので、指導してもらいたい方向性が徐々に見えて来た今、苺ママが出来る事と言えば、その方向性に合った教材探しと、その学習をサポートしてくれる講師探しなんだと思います。

我が家にとってはオンラインレッスン様様!
これからも様々なアプローチで試行錯誤しながら活用して行きたいと思っています。






関連記事
コメント
この記事へのコメント
私もレッスンは先生に丸投げで何も言ってませんf(^_^;
一体どんなレッスンをしてるのかも謎…
私がハルくんをまずお風呂に入れるような時間にレッスンしてるので、チェックも出来てないんです(;A´▽`A

新しい先生と受けるときだけは、なんとなーく感触を知りたいので聞いてます(笑)

うちは同じ先生じゃないとダメな子たちなので割高だけどチケットで、週に2、3回かな。
ほんと時間なかなかないですもんね~┐('~`;)┌
2014/05/24(土) 14:47:06 | URL | りゅうママ #-[ 編集]
★りゅうママさんへ
りゅうママさんも先生に細かな要求を書かないんですね。ほんと兄弟がいると難しいですよね。

うちはどんな先生でも「すごく楽しかった!勉強になった!」と言うので、逆に親がちゃんと見極めないと適当なレッスンで満足しちゃうこともあるんですよ。

最初の頃はレッスン中は横についていたんですが、私が色々余計な口出しをしたくなってしまうので、今は半分放置でキッチンにいます(^^;;)

細かなやり取りは把握していませんが、遠くから聞いていてもその先生が得意なレッスンはわかるので、先生の得意分野でレッスンを分けています。
2014/05/25(日) 16:35:24 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
こんにちは😄お久しぶりです。
今、オンラインレッスン悩んでいて救世主のようにみえました。時間があったり気が向いた時でいいので最初の頃の取り組みとか使っていたサイトとかあれば教えてください(*^^*)
2014/05/30(金) 18:39:12 | URL | sakura #-[ 編集]
★sakuraさんへ
お返事が遅くなってごめんなさい!!

sakuraさんのブログも読みました。始める時は迷いだらけですよね。特に子どもの反応がイマイチでも、それがシャイなのか、レベルや内容、先生との相性が合っていないのか、それとも年齢的にまだオンラインを始めるのは早いのか、判断が難しいところ。

うちの場合は小学校入学直前(ほぼ7歳)で始めたのですが、それ以前はオンライン自体に馴染めなかったんです。

初め、トライアルレッスンをいくつかしてみましたが、コースブックを使い「英語を」勉強するよりも、「英語で」知識を広げたり、意見交換をする方がずっとずっと盛り上がることに気がつきました。

その後、ネイティブの先生にこだわって数カ月続けていましたが、本人がそんなオンラインレッスンのやり方にも慣れて来たので、今度は知識豊富な非ネイティブの方にもお願いできるようになりました。

数回のトライアルではよくわからないと思います。まずは始めてみて、お子さんの様子を見ながら微調整して行くのがいいのでは?

2014/06/07(土) 06:04:20 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
★sakuraさんへ(追記)
最初に使っていた教材やサイトなどは「1年生の記録」としてカテゴリーを作ってあります。

http://junew.blog50.fc2.com/blog-category-99.html

うちの場合、リーディングレベルと年齢相応の教材がなかなか合わなかったので、今読み返すと痛い程苦労しています、、あまり参考にならないかも(^^;;)

結局、「First Children's Encyclopedia」という図鑑を先生と一緒に読んで、それについて話す、というのでようやく一段落しました。

息子さんが算数好きなら、算数に強い先生をプロフィールから探して、何か算数的な教材を使ってやってみるとかいいかもしれませんよ(^^)
2014/06/07(土) 06:19:34 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
回答ありがとうございます。
詳しく書いてありとても参考になりました。
私自身がまったく英語ができず資料をえらぶことすらままならなくなってきて先輩方のサイトを頼って色々探していたのでとても助かりました。
R太郎くんほどうちは英語力もないしまだまだお子様なのでニュースとかは無理そうなんですが早速First Children's Encyclopediaチェックしてみます。
本当にありがとうございました!
2014/06/10(火) 11:09:01 | URL | sakura #-[ 編集]
★sakuraさんへ
「First Children's Encyclopedia」のサンプルページはこのブログの右側にリンクが貼ってあります。英語レベルは小学校中学年位でしょうか。
もしまだ難しいようなら、その下にリンクを貼ってある「National Geographic Little Kids First Big Book of Why」もおすすめです。
科学の話が得意な先生だと、本以上の事にまで広げてくれることもありますよ♪
2014/06/10(火) 17:06:24 | URL | 苺ママ #-[ 編集]
National Geographic Little Kids First Big Book of Why 依然購入していたので早速レッスンで使ってみたら息子が喜んでくれたので当分はこちらを使って見ようかと思います(*^^*)
ありがとうございました!
本当に助かりました。
2014/06/12(木) 10:04:24 | URL | sakura #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する