苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
夏休みのワークショップと『ScratchJr』
さて、R太郎の学校は8月中に新学期が始まるので、夏休みもそろそろ折り返し地点。
宿題の方は自由研究を残してだいたい終わりました。

ただ、この自由研究のまとめにどれくらいの時間が掛かるのかが未知数…。今週末には5日間のキャンプ、そしてその数日後にはまた6日間の家族旅行。そして始業式!
…ということは、残された日数は数える程しかない計算に(^^;;)
ダイジョウブかなぁ〜

ところで、小学生の夏休みのイベントって、取捨選択に迷うほど沢山の無料イベントやワークショップがあるんですよね。無料でここまでしてくれるの?という物もあり、なんだか英語関係のイベントにお札を注ぎ込んでいるのが馬鹿馬鹿しく思えて来ます…。来年はインターのサマースクールはやめて無料イベントを探そうかな???

その中でも今年は、プログラミングやショートムービー作りという、PCを使うワークショップも参加対象年齢になったのでいくつか参加して来ました。どれも、アイデアをシートに書いてから作品を作り、そして最後に参加者の前で発表するというスタイルで、物作りだけに留まらない所が印象的でした。

以前この記事で紹介した『Scratch』。これもプログラミングと発信力やコミュニケーション力を同時に養うようなツールで、楽しい物作りを通して将来に繋がる様な力がつくのは親としてはプラスポイントです♪

先日、この『Scratch』スクラッチからジュニア版として5〜7歳向けの無料iPadアプリ『ScratchJr』がリリースされました。

これは『Scratch』の生みの親であるMITメディアラボとタフツ大学が開発したアプリで、本家『Scratch』よりも更に視覚的、感覚的にプログラミング遊びができます。(SNSの機能はついていません)
これを5歳から使わせるのかどうかは別の問題として、7歳までとは言わず小学校低中学年や『Scratch』の導入にもおススメです(^^)

shorten.jpeg




関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する