苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
和書の読書は…(^_^;;)
「R太郎君って日本語の本はどういう本を読むの?」と聞かれることがあります。

実は…最近、R太郎が家で読むのは洋書ばかりです。

いや、厳密に言えば、『かいけつゾロリ』を除けば洋書ばかりです(汗)

R太郎は、学校から帰宅するとランドセルを玄関に放り投げて友達と遊びに行き、暗くなる少し前に帰って来るタイプ。その後の宿題、オンラインレッスン、ピアノの練習、そして夕飯&お風呂の時間を抜くと、残った時間はかなり少ないと思います。

それでも、隙間時間に気がつくと読書をしているのはママとしては嬉しい♪

ただ、これ、全て洋書。親子英語には願ったり叶ったりだけど、欲を言えば、母語の読書も進めて欲しいところです。

そこで、面談の時に担任の先生にも相談してみたのですが、

「R太郎君は、休み時間や早くドリルが終わった時に、短時間でもよく本を読んでいますよ。おうちでは、英語の本を沢山読めばいいと思いますよ!」

と。担任の先生は、R太郎が英語を話したり読んだりということをとても応援してくださっていて、少し前に教科書に出て来た『スイミー』の原書絵本も貸してくださったほど。先生がおっしゃるなら、和書については気にしなくていいのかな。。。

家で洋書を読むように、学校でも隙間時間に和書をしっかり読んでいるのならいいけど、配布されている読書記録にも全然書き込んでいないので、どんな本を読んでいるのかも不明です…(><)




ところで、もうとっくに洋書の読み聞かせをしていない我が家ですが、和書の読み聞かせはしています。
ただいまベッドタイムストーリーはこの本。

ピーター・パンとウェンディ (福音館古典童話シリーズ (5))ピーター・パンとウェンディ (福音館古典童話シリーズ (5))
(1972/04/01)
J・M・バリー

商品詳細を見る


ディズニー映画とは、ひと味もふた味も違ったピーターパンの原作です。石井桃子さんの翻訳の少し古い言い回しや表現がR太郎にはどう映っているのか。寝る前なので1日数ページずつですが、とても楽しんで聞いています。


読み聞かせって、いつまでできるんでしょうね。

洋書のチャプターブックを自力で読み始めてから、寝る前に洋書を持って来なくなったR太郎。あの時もちょっぴり寂しかったけど、和書も自分でもっと読むようになったら読み聞かせも終了なのかな…。

そう考えると、もう暫く自分で読まなくてもいいよ。なんて矛盾した考えも浮かぶのでした~


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する