苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
ボードゲームが届いたよ☆
IMG_6667.jpg

米アマゾンからのボードゲームが届きました



我が家の場合、R太郎が幼児の頃は「ボードゲームも英語でプレイ!」とか頑張ってたけど、さすがに小学生になる頃には親の英語力がついて行かず、英語のボードゲームでももちろん日本語で遊んでいます。(だからあまりボードゲームの話はブログに書いてないのですが

複雑なゲームになればなる程、英語のルールブックも読めなくなって行った残念な苺ママ、、、
だから最近は新たに買うにも、オリジナルは英語のものでも日本語解説書付きか日本語版がほとんどでした。



でも、今回は久しぶりに日本の輸入品ではなくアメリカのアマゾンから送ってもらったので(過去記事)ルールブックも英語。R太郎がルールブックを読んでくれるならという条件で購入しました。

↓ほぼどんなゲームか知らずに購入しましたが、パッと見だけで難しそう

IMG_6668.jpg



ゲームが到着して早速R太郎が読んでくれてプレイ
なんともスムーズ

「もっと難しい英字記事や本を読めるように、、、」なんて働きかけていたこの頃ですが、久々に我が子がカッコよく見えましたよ〜

実際、今の年齢でこれくらい英語で理解して、日本語で説明できて、更に物事がスムーズに運べば十分すぎるぐらいなんだろうな

プレイ時間が3〜4時間になることもあるという、とてつもなく長くなりそうなゲームですが、部屋の端に置きっぱでこれから少しずつ進めていく予定です

無事に終わらせることができれば またブログにも書きますね



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
オンラインカリキュラム始動o(≧▽≦)o☆
この前書いたオリジナルのオンラインカリキュラム(過去記事)をいよいよ始めました。

基本的には、英検準1級の長文を使ってディスカッションとライティング(宿題)に取り組み、最後に問題文を解くという流れ。

使用しているこの本は、最初ウォーミングアップとして2級レベルの文章から始まり、徐々に準1級レベルになるそうなので、1つ目の長文はR太郎でも楽に理解できたようでした。滑り出しで躓かなくて良かった〜

お話の内容としては、「言語についての研究はまだ謎な部分も多いが、世界で原始的な言語を使う民族はひとつもない」というもの。文章量も実際の準1級問題より少なめで時間が余り、残りの時間は言語に関して色々話し合ったようでした。

最後には「自国の方言でも理解できないこともあるよね」ということで、R太郎がリトアニア人の先生にこの動画を紹介していたのが笑えました。



「宮崎県小林市の方言がフランス語の響きに似てる〜♪」という動画ですが(←すべて西諸弁で話しているそうですが解読不能)、先生もウケてました(笑)

まあ、最初は楽しいレッスンになったようで良かった良かった。

宿題のライティングも頑張ってね



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
Amazon買い物ネタあれこれ
R太郎の洋書やおもちゃなんかを買うのに欠かせなくなったAmazon。

あまりにもAmazonでのお買い物に慣れすぎて、先日はマーケットプレイスで話題のネット詐欺に遭いました

Amazonを通しての入金は商品が届かない場合は全額補償してくれますが、ニュースなどによると多少の個人情報の流出のおそれもあるらしいので評価が良い業者でも気をつけようっと



よくボードゲームで夜を過ごす我が家ですが、友だちから面白そうなゲームを教えてもらったのでこれもAmazonで検索



日本のAmazonでは高くて手が出なかったので、試しにアメリカのAmazonでチェックしてみると、あらま!送料込みでも予算内で買えました!送料込みで3,600円、デザインが古いらしいけど寧ろこっちの方が好み



親子英語をやっているおうちは、Amazonアカウントをアメリカとイギリスも取っておくと、送料込みでも日本より安く手に入ることもあるので便利です♪



GW前に買ったキャンプ用品がキャンプ前に届かないと元も子もない、、、ということで、Amazonプライムの30日間お試し会員に申し込み、無料翌日配送指定をしました。

お買い物以外に我が家的に使えそうな特典は、映画やテレビ番組の見放題サービス、月に1冊の無料Kindle本、あとは100万曲以上の楽曲の聴き放題サービス。

どれもちょっと微妙かな〜とも感じますが、これで年間税込3,900円、月額に換算すると325円相当なら良いような気もします。まずは今月いっぱい試してみましょう。



ブログネタに困ったので、Amazonライフの最近の出来事あれこれでした



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
オンラインのカリキュラム検討中
始めた当初のゴールに達した我が家のおうち英語。早期英語教育をしているご家庭では、ここで中学受験勉強との両立に悩む「小4の壁」でおうち英語からも遠ざかることもあるようですが、我が家は公立進学予定で細々とながらまだまだ継続中です

そして先日も書いたように、次なる目標の設定とカリキュラムに悩んでいるところ(過去記事)ですが、R太郎がいつか英検準1を目指したいというので、ひとつ試してみようかというものを思いつきました

といっても、使う教材が全く目新しくない上に、「おうち英語」っぽくないんですが



思いっきり対策本です!!(笑)

この本は準1の長文読解問題(大問2、3)のみ約40話、120問が載っています。ただ、我が家の使い方は「これをガシガシ解いていこう!」というのではなく、準1レベルの文章を題材にじっくり学習するつもり。

【レッスン1回目】
レッスンで文章を読み、知らない単語の確認、ディスカッション

【宿題】
同じ話題をネット等で調べ、短いエッセイを書く

【レッスン2回目】
宿題の確認
他の文章を読み、知らない単語の確認、ディスカッション

この繰り返し



準1の文章は英語力以前に、時事・社会問題が多く小学生には難しい。でも、いつも見ているCNN10レベルぐらいの話題ではあるので、こういうのをテーマにゆっくりレッスンを進めるのも興味を広げる上でもいいかな

読み、書き、話す、調べる、考える、と広いジャンルで関わることができて、それが英検の対策にもなれば一石二鳥

問題の正解を求めることには注力しないので問いは確認程度で。逆にエッセイまで終わった後に問いに答えるぐらいが良いのかも

今受けているDMM英会話のオンライン教材でも別の英検対策本を使えるのだけど、各レッスンの予約後でないと閲覧できないので予め話題を選べないところが不便。この本は全部日本語訳がついていて、英語が苦手なママでもサポートできそうな気がします。

さあ、久しぶりのママのアイデア。
どうなりますか


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
GWは音楽と自然の中で♪
今年のGWの一番の目玉は、クラシックの祭典『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン』でR太郎と大ブーム中のオーケストラの演奏を聴くこと。(過去記事)

2日に渡りクラシック音楽3公演を聴きました。R太郎は「寝ながら音楽を聴くのが最高に気持ちいいんだ。」なんて言って半分ぐらい寝ていましたが

中庭でワインを飲みながら無料イベントを聴くのも楽しい時間で、R太郎の好きなイスラエル料理の屋台も出ていて大満足なイベントでした♪



、、、そして、音楽祭2日目は午前中にピアノ公演を聴いて、そのままパパと合流して富士の麓のキャンプ場「ふもとっぱら」へ〜

なんと忙しいスケジュール でも、そこから3日間、今度は絶景の原っぱで気ままにただただ何もしない時間を過ごしました。

R太郎は聴いてきたオーケストラの音楽を聴きながら指揮をしたり。あれ?やっぱりちゃんと聴いてたのね?そっくりだわー(笑)

そして最高の思い出は、夜中に3人で起きて天の川まで綺麗に見える満天の星空の下の流星探し。

流星はいくつも見えるのに、全員同時とはどうしても行かず椅子を出して夜空を見上げました。最後には3人で同じ流れ星を見ることができたのは本当に素敵な思い出です

さあ、今日からまた学校です
GWの興奮冷めやらないママですが、もう6時なのでR太郎を起こしましょ〜

20170507.jpg
キャンプ場の池で。(注:写真は逆さの逆さ富士 ^0^)




ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!

半年限定!やったらどうかな公文式
今日は英語ではなく数学の話です。

R太郎も5年生になり、中学の勉強や高校受験のことを意識するようなりました。(←ママが

英語の他にはたぶん算数(数学)が得意なR太郎。数学的思考力はある方なのではないかと思っています

そこで、中学の数学学習についてママ友に何人か相談したところ、数学的思考力は大切だけど、高校受験ならなおさら計算は速く正確にしておいた方がいいよ、とアドバイスをもらいました。

実は、苺ママは小学校低学年の頃に公文算数をやっていたものの、高学年になってから徐々に小学校の算数に苦手意識が出て、中学高校ではもう放り出したくなる程にわからなくなったという経験の持ち主

そんなわけで、今までR太郎には意識的に公文やそろばん、百マス計算など計算を速くする訓練はしてきませんでした。ママ自身のように、考える力を身につける前に数の操作だけ巧くさせることに抵抗を感じていたからです。

ただ、R太郎の小学校は算数は習熟度別クラス。その中でR太郎のクラスがどのレベルなのかは明示されていませんが、中学受験組の多いクラスだということ。最近、「考え方はよくわかってるのに、みんなの計算のスピードについていくのが大変になってきた」と話すようになりました

そこで、これは一度計算の訓練をしておいた方が良いと思ったのですが、「おうち計算ドリル」は絶~っ対にバトルになるので、悩んだ末、2月に公文を体験し3月から通うことにしました。

R太郎は最初からあまり乗り気ではなかったものの、「半年だけ頑張ろう」という約束です。

サッカーで例えるならドリブルやリフティングの練習。それだけ巧くなっても試合で得点できないけれど、その技術がないと活躍できない基本の訓練だよ、と。

公文を始めてみて、やっぱり毎日の宿題に取り組むのは大変。でも小2レベルから始まり、体験から2ヶ月ちょっとでもうすぐ6年生の範囲に入ります。公文はまず自分の学年を越えることからが本当のスタートだということ。

同級生たちは幼稚園や低学年で始めているところを見ると(しかも、そろそろ辞める時期に来ていて高校の範囲とかやっている)、一般的に公文を始める年齢としては遅いのかなと思いますが、高学年からだと数の操作そのものに苦労することがあまりなくてスピードと正確さに集中できるのかも

R太郎本人も、毎日めんどくさいけど計算が速くなって来たことは実感しているようなので、なんとか半年は続けて欲しいな。

ついでにママも脳トレのつもりで一緒に宿題やってます。大人からの公文もちょっとずつ早くなってますよ
でも、、、中学レベルになったらついて行けるかな(汗)


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
DMM英会話の良いところ♪
10ヶ月ぶりに再開したDMM英会話。毎日1コマ(25分)受講できるものの、習い事や遊びのスケジュールもあり平均して週2〜3回しか予約を入れていません。

DMMで用意されているオンライン教材も豊富なのですがいまいち使いこなせず、結局はフリートークかオンラインニュース記事を読んでのディスカッションのレッスンになっています。

カリキュラムのないレッスンは、限られた語彙や文法しか使うことがなくなり前に進んでいる気がしないのが悩みです…

ただDMMの良いところは、何と言っても世界各国に様々なタイプ、趣味の先生が登録しているところ。その利点を使って、R太郎は低学年の自由研究に、各国の先生にインタビューをしてまとめました。ヨーロッパ、アフリカ、南米、アジアと30カ国ぐらいの先生が集まったかな。英語ネイティブの国は少なかったけど

今回復活して、以前からの先生方の他にR太郎が気に入ったのはセルビアの音楽家の先生。

いままでヨーロッパの男の先生方とはサッカーの話ばかりだったのに、今クラシック音楽ブームまっ最中のR太郎、その先生がラフマニノフが一番好きと言った瞬間盛り上がる盛り上がる

話が乗ってくるとスピーキングがやたら流暢になり、まだまだこんなに話せるんだとビックリ。やっぱりスピーキングの向上には好きなことを話すのが一番

好きなことの知識や語彙を英語で教えてもらいながら楽しんで続けられるのはDMMの最大の利点です

ただ、それだけでは語彙も増えず表現の幅が広がらないのは痛いほど経験しているので、やはりカリキュラムを考えないといけないんだろうなぁ。。。
なんだか毎回この締めですね



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
R太郎、小学校の英語の授業に物申す
5年生になり、今までは月1ペースだった小学校の英語の授業が毎週始まりました。

そこで、教科書(副教材)も持って帰ってきたので、どんなことをやっているのかR太郎に聞いてみることに

ネイティブの先生と担任の先生との二人体制は今までと同じ。知っている国とその英語読みを考えるゲームや、自分で作った名刺の交換などをやっているということ。

内容は1、2年生からあまり変わってないんだなぁという感じ
名刺交換って毎年やってないかな

まあ、期待もしてなかったものの、クラスのみんなは楽しんでいるというから、そこはホッ

でも、R太郎は正直ちっとも楽しくないとか。
どこが楽しくないのか、この授業の問題点について話してくれました。


「先生はね、『わからなかったら日本語で先生に話してごらん。そうしたら何て話せばいいか教えてあげるよ。』っていうんだよ。

だから、今となっては英語を話すのは、英語を習っている子か積極的な子だけなんだ。それ以外の子は授業中一回も英語を話さないんだ。」



1年生から時々やっている簡単な挨拶でも、先生が「日本語でもいい」と言ってしまったら英語を使わなくなるのは当たり前ですよね。


「日本語で話す子が増えると、英語が分かる子も日本語になって結局なんの時間だかわからなくなってるよ。R太郎だったら日本語禁止の授業にするけどね。」


だそう。

R太郎のクラスは比較的英語が話せる子が多いというのに、話を聞いている限り残念な授業になってますね、、、

公教育で「英語(外国語)に親しむ」という目的ならこの程度なんですかねー

う〜〜〜〜〜〜む



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
11歳、我が家のゴールは今なのだけど
R太郎が11歳になりました。1歳半から続けているおうち英語、途中保育園代わりにプリスクールに入ったり、思いもよらぬご縁でしばらくインター小に通ったりと色々外注通学もありましたが、そんな中毎日楽しんでいたおうち英語もう10年近くになります。

ずっと考えていた我が家のゴールは、R太郎が青少年期に英語を不自由なく使えるように、そしてより広い視野で物事が考えられるようにということでした。(我が家のゴールを書いた7年前の記事)

そんなわけで、既に我が家はゴールに到達しようとしているわけです

実際にゴールの年齢になってみて、目指していたぐらいの英語力はついたんじゃないかと思っています そしてそれを使って年齢なりに広い視野で物事を考えられるようになって来たんじゃないかなとも感じます。



でも、目標として登っていた山の頂上から見ると、登山口では想像もできなかった景色が見えるんですね。

長い登山の中で体力と自信を身につけて、山の楽しみもたっくさん知って、すっかり登山好きになり、もうちょっと高い山にも登って雄大な景色を見てみたくなる。

すみません、登山家になりたいとかそういう話じゃありません。おうち英語のことです(笑)



今まで1ヶ月に1度ぐらいだった小学校での英語の授業も5年生からは毎週になりました。周りには英検を取得している友だちも多く、そんな子たちからはR太郎を追い越すのが目標といつも言われて嬉しい♪と。

R太郎ね、もっと難しい英語も使えるようになってジュンイチになりたいな!」

ジュンイチ石田? あ、英検準1級のことね(笑)

もう英語が不得意なママが指導してあげられるレベルでもないし、はっきり言ってもうこれ以上どう伸ばせば良いのかわかりません。なので、今はオンラインを続けながら、いつか準1が受けられるように頑張ろうという話をしました。

「受かるレベルにならないと受けさせないからね。」とも。小学生の内は無理かもな〜。まあ2級を持っていても、友だちから「スゴイ!」と言われる以外なにも力を発揮していないので、準1も焦りませんが



我が家のおうち英語は当初のゴールを迎えましたが、すっかり得意分野になった部分をさらに伸ばしてあげるのも親の役目なんだろうなぁ。

次のゴールはなんなのかな?英検?高校受験?大学受験?

何をすればいいのか、本〜〜〜〜〜当に困ってます!!!



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
サマーキャンプ参加をあれこれ考えてみた
小学生になってから実教室に通わずにおうち英語の我が家では、夏休みは英語へのモチベーションを上げる絶好の機会だと思い、毎年何かしら国内の英語キャンプに参加してきました。

1年生から4泊5日でのキャンプにはホームシックを感じたこともあったようだけど、それを克服した時の自信を学校のイベント(二分の一成人式)でスピーチしていて、英語は別にしても、参加させてきて良かったなと改めて感じました

そこで今年ももう随分前から、今まで参加した英語キャンプやお友達から教えてもらったとっても魅力的なキャンプ、そして参加したことはないけどずっと気になっているスポーツキャンプのホームページを何度も何度も往復。どれも自然の中で思いっきり楽しむオールイングリッシュ・キャンプで、全部参加させたくなるほどです

が、英語キャンプは日本語のに比べてお値段が高い高い、、、。

おうち英語で節約した分、夏に使っちゃえば?オンラインレッスンだってずっと無料受講だったしさ♪

ううん!この分を貯金したら、いつか海外に短期留学させることもできるんじゃない?

庶民の心は葛藤中ーーー(笑)



ただ、今年は国内外から集まる中学生とのイベントにも5日間参加予定(過去記事)で、泊まりではないものの、実はこれもなかなかの出費です

ふと小学校の予定表を見ると、高学年からは夏休みにキャンプ(希望者)があるそうで、ファミリー・キャンプにも行きたいし、、、なんて考えると、これで十分かなと気持ちの整理がついてしまいました。

といっても、去年参加した、知り合いのアメリカ人の方主催の小さな小さなキャンプがまた開催されることになれば、心が揺れそうな気がするのですが

考えてみれば参加するのはR太郎。でも本人に相談を持ちかける前にあれこれ揺れて、脳内で終了してしまったママでした〜

あー、楽しかった(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!