苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
半年限定!やったらどうかな公文式
今日は英語ではなく数学の話です。

R太郎も5年生になり、中学の勉強や高校受験のことを意識するようなりました。(←ママが

英語の他にはたぶん算数(数学)が得意なR太郎。数学的思考力はある方なのではないかと思っています

そこで、中学の数学学習についてママ友に何人か相談したところ、数学的思考力は大切だけど、高校受験ならなおさら計算は速く正確にしておいた方がいいよ、とアドバイスをもらいました。

実は、苺ママは小学校低学年の頃に公文算数をやっていたものの、高学年になってから徐々に小学校の算数に苦手意識が出て、中学高校ではもう放り出したくなる程にわからなくなったという経験の持ち主

そんなわけで、今までR太郎には意識的に公文やそろばん、百マス計算など計算を速くする訓練はしてきませんでした。ママ自身のように、考える力を身につける前に数の操作だけ巧くさせることに抵抗を感じていたからです。

ただ、R太郎の小学校は算数は習熟度別クラス。その中でR太郎のクラスがどのレベルなのかは明示されていませんが、中学受験組の多いクラスだということ。最近、「考え方はよくわかってるのに、みんなの計算のスピードについていくのが大変になってきた」と話すようになりました

そこで、これは一度計算の訓練をしておいた方が良いと思ったのですが、「おうち計算ドリル」は絶~っ対にバトルになるので、悩んだ末、2月に公文を体験し3月から通うことにしました。

R太郎は最初からあまり乗り気ではなかったものの、「半年だけ頑張ろう」という約束です。

サッカーで例えるならドリブルやリフティングの練習。それだけ巧くなっても試合で得点できないけれど、その技術がないと活躍できない基本の訓練だよ、と。

公文を始めてみて、やっぱり毎日の宿題に取り組むのは大変。でも小2レベルから始まり、体験から2ヶ月ちょっとでもうすぐ6年生の範囲に入ります。公文はまず自分の学年を越えることからが本当のスタートだということ。

同級生たちは幼稚園や低学年で始めているところを見ると(しかも、そろそろ辞める時期に来ていて高校の範囲とかやっている)、一般的に公文を始める年齢としては遅いのかなと思いますが、高学年からだと数の操作そのものに苦労することがあまりなくてスピードと正確さに集中できるのかも

R太郎本人も、毎日めんどくさいけど計算が速くなって来たことは実感しているようなので、なんとか半年は続けて欲しいな。

ついでにママも脳トレのつもりで一緒に宿題やってます。大人からの公文もちょっとずつ早くなってますよ
でも、、、中学レベルになったらついて行けるかな(汗)


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
DMM英会話の良いところ♪
10ヶ月ぶりに再開したDMM英会話。毎日1コマ(25分)受講できるものの、習い事や遊びのスケジュールもあり平均して週2〜3回しか予約を入れていません。

DMMで用意されているオンライン教材も豊富なのですがいまいち使いこなせず、結局はフリートークかオンラインニュース記事を読んでのディスカッションのレッスンになっています。

カリキュラムのないレッスンは、限られた語彙や文法しか使うことがなくなり前に進んでいる気がしないのが悩みです…

ただDMMの良いところは、何と言っても世界各国に様々なタイプ、趣味の先生が登録しているところ。その利点を使って、R太郎は低学年の自由研究に、各国の先生にインタビューをしてまとめました。ヨーロッパ、アフリカ、南米、アジアと30カ国ぐらいの先生が集まったかな。英語ネイティブの国は少なかったけど

今回復活して、以前からの先生方の他にR太郎が気に入ったのはセルビアの音楽家の先生。

いままでヨーロッパの男の先生方とはサッカーの話ばかりだったのに、今クラシック音楽ブームまっ最中のR太郎、その先生がラフマニノフが一番好きと言った瞬間盛り上がる盛り上がる

話が乗ってくるとスピーキングがやたら流暢になり、まだまだこんなに話せるんだとビックリ。やっぱりスピーキングの向上には好きなことを話すのが一番

好きなことの知識や語彙を英語で教えてもらいながら楽しんで続けられるのはDMMの最大の利点です

ただ、それだけでは語彙も増えず表現の幅が広がらないのは痛いほど経験しているので、やはりカリキュラムを考えないといけないんだろうなぁ。。。
なんだか毎回この締めですね



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
R太郎、小学校の英語の授業に物申す
5年生になり、今までは月1ペースだった小学校の英語の授業が毎週始まりました。

そこで、教科書(副教材)も持って帰ってきたので、どんなことをやっているのかR太郎に聞いてみることに

ネイティブの先生と担任の先生との二人体制は今までと同じ。知っている国とその英語読みを考えるゲームや、自分で作った名刺の交換などをやっているということ。

内容は1、2年生からあまり変わってないんだなぁという感じ
名刺交換って毎年やってないかな

まあ、期待もしてなかったものの、クラスのみんなは楽しんでいるというから、そこはホッ

でも、R太郎は正直ちっとも楽しくないとか。
どこが楽しくないのか、この授業の問題点について話してくれました。


「先生はね、『わからなかったら日本語で先生に話してごらん。そうしたら何て話せばいいか教えてあげるよ。』っていうんだよ。

だから、今となっては英語を話すのは、英語を習っている子か積極的な子だけなんだ。それ以外の子は授業中一回も英語を話さないんだ。」



1年生から時々やっている簡単な挨拶でも、先生が「日本語でもいい」と言ってしまったら英語を使わなくなるのは当たり前ですよね。


「日本語で話す子が増えると、英語が分かる子も日本語になって結局なんの時間だかわからなくなってるよ。R太郎だったら日本語禁止の授業にするけどね。」


だそう。

R太郎のクラスは比較的英語が話せる子が多いというのに、話を聞いている限り残念な授業になってますね、、、

公教育で「英語(外国語)に親しむ」という目的ならこの程度なんですかねー

う〜〜〜〜〜〜む



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
11歳、我が家のゴールは今なのだけど
R太郎が11歳になりました。1歳半から続けているおうち英語、途中保育園代わりにプリスクールに入ったり、思いもよらぬご縁でしばらくインター小に通ったりと色々外注通学もありましたが、そんな中毎日楽しんでいたおうち英語もう10年近くになります。

ずっと考えていた我が家のゴールは、R太郎が青少年期に英語を不自由なく使えるように、そしてより広い視野で物事が考えられるようにということでした。(我が家のゴールを書いた7年前の記事)

そんなわけで、既に我が家はゴールに到達しようとしているわけです

実際にゴールの年齢になってみて、目指していたぐらいの英語力はついたんじゃないかと思っています そしてそれを使って年齢なりに広い視野で物事を考えられるようになって来たんじゃないかなとも感じます。



でも、目標として登っていた山の頂上から見ると、登山口では想像もできなかった景色が見えるんですね。

長い登山の中で体力と自信を身につけて、山の楽しみもたっくさん知って、すっかり登山好きになり、もうちょっと高い山にも登って雄大な景色を見てみたくなる。

すみません、登山家になりたいとかそういう話じゃありません。おうち英語のことです(笑)



今まで1ヶ月に1度ぐらいだった小学校での英語の授業も5年生からは毎週になりました。周りには英検を取得している友だちも多く、そんな子たちからはR太郎を追い越すのが目標といつも言われて嬉しい♪と。

R太郎ね、もっと難しい英語も使えるようになってジュンイチになりたいな!」

ジュンイチ石田? あ、英検準1級のことね(笑)

もう英語が不得意なママが指導してあげられるレベルでもないし、はっきり言ってもうこれ以上どう伸ばせば良いのかわかりません。なので、今はオンラインを続けながら、いつか準1が受けられるように頑張ろうという話をしました。

「受かるレベルにならないと受けさせないからね。」とも。小学生の内は無理かもな〜。まあ2級を持っていても、友だちから「スゴイ!」と言われる以外なにも力を発揮していないので、準1も焦りませんが



我が家のおうち英語は当初のゴールを迎えましたが、すっかり得意分野になった部分をさらに伸ばしてあげるのも親の役目なんだろうなぁ。

次のゴールはなんなのかな?英検?高校受験?大学受験?

何をすればいいのか、本〜〜〜〜〜当に困ってます!!!



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
サマーキャンプ参加をあれこれ考えてみた
小学生になってから実教室に通わずにおうち英語の我が家では、夏休みは英語へのモチベーションを上げる絶好の機会だと思い、毎年何かしら国内の英語キャンプに参加してきました。

1年生から4泊5日でのキャンプにはホームシックを感じたこともあったようだけど、それを克服した時の自信を学校のイベント(二分の一成人式)でスピーチしていて、英語は別にしても、参加させてきて良かったなと改めて感じました

そこで今年ももう随分前から、今まで参加した英語キャンプやお友達から教えてもらったとっても魅力的なキャンプ、そして参加したことはないけどずっと気になっているスポーツキャンプのホームページを何度も何度も往復。どれも自然の中で思いっきり楽しむオールイングリッシュ・キャンプで、全部参加させたくなるほどです

が、英語キャンプは日本語のに比べてお値段が高い高い、、、。

おうち英語で節約した分、夏に使っちゃえば?オンラインレッスンだってずっと無料受講だったしさ♪

ううん!この分を貯金したら、いつか海外に短期留学させることもできるんじゃない?

庶民の心は葛藤中ーーー(笑)



ただ、今年は国内外から集まる中学生とのイベントにも5日間参加予定(過去記事)で、泊まりではないものの、実はこれもなかなかの出費です

ふと小学校の予定表を見ると、高学年からは夏休みにキャンプ(希望者)があるそうで、ファミリー・キャンプにも行きたいし、、、なんて考えると、これで十分かなと気持ちの整理がついてしまいました。

といっても、去年参加した、知り合いのアメリカ人の方主催の小さな小さなキャンプがまた開催されることになれば、心が揺れそうな気がするのですが

考えてみれば参加するのはR太郎。でも本人に相談を持ちかける前にあれこれ揺れて、脳内で終了してしまったママでした〜

あー、楽しかった(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!



おうち英語新シーズンのスタートは少しずつ
4月になりGSAもやめ、我が家のおうち英語新シーズンのスタートはあまり目新しくないですがこんな感じです。

*毎日 CNN10を1本(10分)
*2、3回/週 DMMでニュース記事(25分)
*毎日 読書(5分)


まだ10日ほど。これは目標なので、実際はCNN10も毎日は観れてなくて、読書時間は最低5分と決めて気分がのれば30分以上のことも。DMMも他の習い事の関係もあり受講日を思案中。なのでこれから少しづつ調整していくつもりです。

今まではGSAで50分×2日/週で受講していたので、できればDMMでも25分×4日/週ぐらいにしたいところ。ライティング系もDMMでお願いしたいな。

それでも平均して1日15分~20分ぐらいにはなっているのかな?低学年までとは比べものにならないほど短い時間ですが、高学年になれば受験組でなくとも他にやりたいことが沢山あるし、取れる時間ってこんなものなのかも



ところで、実は今英語の動画やオーディオ視聴の時間を阻んでいるのは何度か書いている『のだめカンタービレ』なんです…。Huluでアニメシリーズ(3シーズン)を全て見終わり、今はNetflixに場所を変えて上野樹里の実写版を視聴中。

勉強の時間もオーケストラの音楽をかけています。お気に入りはモーツァルトのオーボエ協奏曲やラフマニノフのピアノ協奏曲だとか。もちろん、どちらも劇中で出てくる曲です

1ヶ月以上続いているのだめブームですが、スペシャル番組や映画など合わせるとかなりの数があるんですね。このブームまだまだ続きそうです。

GWにはオーケストラやピアノ公演にも行くし、クラシック音楽にこれだけハマってくれるのは嬉しいのだけど、HuluやNetflixで本来の入会目的「おうち英語」ができる日は一体いつになるのでしょうかぁ~~


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
さて、高学年からはどうするかな(汗)
R太郎、5年生になりました

たぶん卒業まで変わらない最後のクラス替えだったので本人も朝からドキワクでしたが、女子も男子も仲の良い子たちと一緒になれてご機嫌で帰ってきました。(基本的にみんな仲の良い学年なので、きっとどの子と一緒でも同じだったと思うけど。)

受験組のママさんたちと話していると、5年生は塾が忙しくストレスが増えてイライラする1年だとか。受験組の多い学校ですが、このままみんな仲良く穏やかな雰囲気のままでいてくれると良いのですが



我が家の場合は中学受験はせずに近所の公立中に進む予定なので、そろそろ中学を見据えて色々準備する時期に入るのかも。

その中での英語。
中学校の教科としての英語はほとんど心配ないと思うので、正直これからのおうち英語はどんな方向で進めていけば良いのかすごく迷っています。何を目指せばいいのか…

校外の学生との交流も少しずつできるようにとか活動の場を広げることを考えつつ、年齢が上がっても英語力を年相応からかけ離れないぐらいには成長させていくというのが当面の目標かな。すごく抽象的だけど



まあ、何にしても取り敢えずオンラインレッスンは続けて行かなければということで、お休み中のGSAの代わりにまずはDMMに再入会してみました。R太郎お気に入りのリトアニアの鉄板先生2名もまだ在籍していてホッ

この先生方とならまずはニュース記事を読んでのディスカッションが中心となるので、そこから徐々にレッスンの方向性を決めていこうと思います。

久しぶりの"ママ@英語不得意"のカリキュラム作りが始まるんだわ…くぅ〜どうなることやら…


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
GSAのカリキュラムと料金プランが変わるそうです♪
モニター受講生としてお世話になっていたオンライン・インターナショナルスクール『Global Step Academy』(GSA)

モニター期間終了後、マスターコースの月額受講料が我が家にはお高くて手が届かないので継続は諦めていたのですが、ブログを読んだGSAの方から「カリキュラムと料金プランを変更しましたので、よろしければご検討ください」というお知らせをいただきました。

4月からカリキュラムが変更するのは知っていましたが、料金プランも変わるんですね

新料金では、なんとベーシックコースとマスターコースの料金での括りがなくなったということ。受講料は100コインという単位で購入するそうです。

また、公式サイトのURLも変わり新料金プランはこちら

で、このページだけだと1レッスンの料金がイマイチわかり辛いのでこちらのページも

表の解読が苦手なママとしては、この2ページを1ページにまとめてもらいたいなぁと思いますが、つまりこういうことですね


【英語プログラム(Language Art)を受講する場合】

●Beginnerレベル(ネイティブ幼稚園~小学2年生)

1回のレッスン 100コイン(25分)

料金プラン
ライト・・・・・・8,980円  5回/月 (1,796円/回)
スタンダード・・・14,000円 8回/月 (1,750円/回)
ゴールド・・・・・29,800円 20回/月(1,490円/回)
スタンダード・・・39,800円 30回/月(約1,327円/回)


●Intermediateレベル(ネイティブ小学3~5年生)
1回のレッスン 200コイン(50分)

料金プラン
スタンダード・・・14,000円 4回/月 (3,500円/回)
ゴールド・・・・・29,800円 10回/月(2,980円/回)
スタンダード・・・39,800円 15回/月(約2,653円/回)




現受講生も、新カリキュラムでは新たにレベル分けされるそうですが、R太郎の場合はIntermediateレベルということなので、月4回の50分レッスンが14,000円で受講できるということ!これなら我が家も検討可能な料金設定になってきました

ただ、Intermediateレベルのカリキュラムは現在修正中で、新カリキュラムが始まるのは1ヶ月~1ヶ月半ほど先とのこと。我が家はその後検討することにします。

それにしても、入会当初からの一番の不安材料だったマスターコースの月額料金がここまで下がったのはありがたいことです。スタンダードプランを選ぶと今までより月の受講回数は減りますが、高学年になる程、「週1回の50分授業+ライティングを含む宿題の時間を取るのが精一杯で週2回はきついな」となりがち。特に英語レベルが中級以上のお子さんをお持ちのご家庭に優しい料金設定になったのかも



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
GSA*86-7回目 モニター終了!
モニター受講中のオンライン・インターナショナルスクール『Global Step Academy』(GSA)

今回受けたのはこのレッスンです↓

【8-3-2:文章の詳細や例など抜き出し説明をする II】
【8-3-3:文章のメイン・アイデアを説明し、纏める I】
【8-3-4:文章のメイン・アイデアを説明し、纏める II】

暫く空欄になっていたカリキュラムのテーマですが、今回は久々に記載されていました。

ノーベル賞が作られた経緯や、北朝鮮と韓国の話など、負の歴史も含むようなストーリーを読んで、メインアイデアをまとめたり、ディスカッションしたりしたようです。

レッスン中にテキストの写真も撮ってみました。

FullSizeRender のコピー



さて、昨年6月から長らくお世話になっていたGSAのモニターレッスンはこれで一旦終了することになりました。こんなに長い間、レッスンを受けさせたいただき感謝しています

今までブログでは良い点ばかりではなく、もう少しだなと思う点も色々書いてきましたが、その後改善していただいた点も多く、これからカリキュラムも大幅に変わるということ。今後が更に楽しみです

そして我が家の継続ですが、ママとしてはカリキュラムや先生の質には満足しているものの、やはりネックは受講料。ベーシックコースはまだ検討可能な金額ですが、現在R太郎はマスターコース。残念ながら我が家にはマスターコースの受講料は出せません。。ごめんね、R太郎....

これからどうするかは正直まだ考えていないので、それも今後ブログに書いていこうと思います。

それから、近いうちに今までのGSAでのレッスンのまとめ記事も書きますね



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
バックパッカーが無事帰宅しました!
春休みが始まってすぐにパパとR太郎がバックパッカーの旅に出て、ようやく帰ってきました♪

2年前のママとの東北一周に続いての第二弾。ここにも書きましたが青春18切符を使っての5日間の旅です

今回はルート決めからホテル予約までR太郎が計画したので(最終的な決定はママのチェックあり)、出発前日まで同行者のパパはノータッチ。そんなわけで、パパは出発前夜にルート変更を口にして「提案が遅い!」とR太郎に怒られてましたが(笑)

途中下車駅は電車の中で相談したという行き当たりばったり振りなのだけど、関ヶ原の合戦地やお城(安土城跡、長浜城、大阪城、姫路城、名古屋城)、伊勢神宮など終わってみると歴史の旅に。最後は熱海で下車して「温泉に入って帰ってきたよ~」と元気に戻ってきました!

親子英語的には、伊勢神宮近くのゲストハウスの話が面白かったです

ネットで写真を見て、「こんなホテルに泊まりたーいということで予約したのですが、帰宅するなり「ゲストハウスってすごい所なんだねー!と目を輝かせていました。

↓こんな宿だったそうです

FullSizeRender.jpg


一階のラウンジで宿泊客が集まり、思い思いにゲームや音楽などを楽しんでいたということ。海外からの若者も多く、R太郎もアメリカ人のお兄さんとギターを教えてもらったり、木琴とでセッションしたり、日本人の歴史の先生と歴史クイズを出し合ったり、みんなで近くの銭湯に出掛けたりと、ゲストハウスを存分に楽しんだとのこと。大興奮で夜もなかなか寝付けなかったとか。そんな話を聞くと、親子英語的にはゲストハウス巡りだけでも価値があるかも〜と

そんなこんなの5日間。パパと初めての2人旅だったけど、ママとなら出来なかっただろうなという経験も多くてパパには本当に感謝!

旅は人を成長させると思うので、また親子旅、そしていつかはR太郎一人旅が出来るといいな~


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!