苺ママ★の英語育児って楽しい♪
  自宅で働くママと息子の楽しみながら英語コミュニケーション
バックパッカーが帰ってきました!2018春
R太郎プロデュースのバックパッカー男二人旅。6日間の日程を終え昨日無事帰宅しました

新潟、富山、石川、福井、岐阜を巡り、釣りやお城、温泉、そして人との交流とR太郎のしたかったこと満載で、激疲れながら大満足。帰ってきてからお土産話が尽きることはありません

そして、今回の楽しみのひとつだったゲストハウス巡り

去年、伊勢での初ゲストハウス体験(その時の記事)で魅力に取り憑かれ、今回はなんと宿泊の半分以上をゲストハウスで泊まってきました。

今回わかったのは、ゲストハウスも色々でその日の宿泊客のメンバーやオーナーさんの力量?に依って、交流が全くない所もあったとか

それでも、オーナーさんとお友達との沖縄の三味線(三線)の会に参加したり、また他のゲストハウスではカリフォルニアから来たコメディアンさんや、台湾からのお姉さんたちとボードゲームをして遊んだそうです。(もちろんお互い英語で)

う~ん、ゲストハウスは国際交流や面白い人に会える確率が高いんじゃないかしら?
親子英語の旅にオススメです


20180330.jpg


ママへのお土産は、ゲストハウスのオーナーさんから頂いたベトナムコーヒーフィルター付きカップ。「ベトナムで仕入れたんだけどなかなか売れないから持って行っていいよ~」と言われたそうで。3000円の宿泊費なのに2500円のお土産付き(笑)

今日は深煎りコーヒーと練乳を買ってきて飲ませてもらいましょうかね


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
英検申し込みました(^^)b
親子英語ブログでも話題沸騰中の「大学入試英語成績提供システム」に従来型英検が不採用になった件。
(※注 「英検CBT」などの新方式は採用されました)

https://resemom.jp/article/2018/03/27/43739.html

R太郎もちょうど次回の英検準1級を受ける決心をしたところでした。

でも、確か以前から「民間資格試験は大学受験年度の4~12月までの結果のみ認定」というような条件がついていたことですし、我が家の英検受験の目的は7年も先の大学受験ではなく、現時点の英語力を試すためなので予定通り申し込みました

今のところの情報では、センター試験に変わる大学入学共通テストの英語を民間試験に統一するのが2024年度の大学入試から。R太郎がもし大学受験するのなら、まさに入試に挑む予定の年です。

まあ、今後も二転三転(もっと?)するかもしれない“お上”の決定に翻弄されることなく、実力をつけていけば良いということなのでしょうね~


とはいえ、日本国内では英検はまだまだ暫くは最もメジャーな英語力判定基準で、中高生にとっては資格が様々な場面でプラスにもなると思うので、まずは準1級合格を目指します


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(現在、このブログはランキングには参加していません。)
もうすぐ春休み♪
もうすぐ春休み。R太郎は5年生なので6年生の卒業式に出るために他の学年より少し長く学校がありますが、それが終われば春休み

春休みに入ったらすぐにR太郎プロデュースの国内普通列車の旅にパパと男二人で出かけます
ルートも宿もR太郎にお任せの貧乏旅行で、フォッサマグナとか天空の城なんてキーワードだけ聞こえ、釣りもするとパパにしたらミステリーツアーになりそうですが、去年の春休みも経験済みなのできっと何とかなるでしょう(笑)

それにしてもR太郎の仲の良い友だちはほぼ全員が中学受験予定なので、この春休みは塾や宿題に忙しい子たちと一緒に遊ぶ計画が立てられませんでした、、、。小5になった頃から特に東京の中学受験率の高さに圧倒されています。

そんなに公立中学がダメなのかしら
我が家は引っ越す時に、R太郎の小学校や、通う予定の公立中の学区を目安に家を選んだぐらいなので、その学校に不満もないのですがこうも中受組が多いとさすがに不安になってきます。(でも中受をさせるつもりはないけれど

あーあ、多くの友だちが受験勉強に励む今年の夏休み。1ヶ月間R太郎はどう過ごしましょうね、、、

まぁ、まずは春休みは旅やボランティア、イベントで既にそこそこ埋まっているので思いっきり楽しむのが先ですね



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
(現在、このブログはランキングには参加していません。)
英語のボランティア活動
この間、R太郎が英語を使ってのボランティアに参加してきました。

日本の公立に通う小学生にとって、英語を使ったボランティアに参加するという機会はそうそうあるものではありません。学校以外で何か機会はないかと見渡しても、親主体の子どもと一緒のボランティアはあっても、我が家のような親が英語が得意でないとなかなか難しいものです。

そんな中、今回は学校の活動から英語ボランティアをする機会に恵まれたので、もしかしたらこれから公立小でも徐々に増えてくるのかもしれませんね

そして、R太郎はこれをきっかけに春休みもボランティア活動に参加することに。

情けは人のためならず。こういった活動を通して感じること、考えることは多いと思うので、回を重ねながら成長してくれたらなと思います

  


ボランティアの投稿と一緒に書くのも違和感があるかもしれませんが、ママが図書館でこの本を借りて読んでいます。



『「おカネの天才」の育て方』


最近R太郎がお金に興味があるようなので借りてみました。
学校では教えてくれないお金の教育ですが、ママにもしっかり教えられるような知識も薄いので困っていました。

この本はアメリカ人のパーソナルファイナンス第一人者の方が書いた本だそうで、年齢ごと(3〜23歳)のお金の教育についてとてもわかりやすく書かれています。何と「投資」の章にも就学前や小学生からの教育があってびっくり!

ボランティア活動の考え方や教え方なども詳しくあり、アメリカと日本の違いはあれど、子どもへのお金教育の参考になりそうです

(因みに、出版の際にインパクトの強いタイトルにしたのだと思いますが、「天才」教育ではなく普通のお金教育の本です ^^;;)


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
(現在、このブログはランキングには参加していません。)

ネット授業、お試し中♪
年末の英語育児の集まりで、教えてもらった『英語物語』が一段落ついたので、他に話題になった『スタディサプリ』
のトライアル中です。
(『英語物語』は全ステージクリア後の今でもまだ毎日楽しんでいるのでいますが)

スタディサプリは小学講座、中学講座、高校講座、大学受験講座などとページが分かれていますが、実際には小4から大学受験までの授業動画やそれに対応する全ての問題に取り組むことができます。
→ここに全講座一覧があります

授業動画4万本(1万本?4万本?)って、、、、
正直、あまりの多さに何からどう見せれば良いのか迷子になりました 小学生なら親がカリキュラムを考えたり見せる講座を選ばないとかなり厳しいんじゃないかな。

なので、まずは今公文で取り組み始めた中2の連立方程式の動画を視聴してみました。なるほど、公文だと数字の操作だけになりがちな計算や文章問題をとても丁寧に説明してくれてさすが。R太郎は時短のために速度を1.25~1.5倍で聞いてますが、それでもわかりやすいということです

あとは、小学生用の応用の動画(中学受験問題の基礎レベル)も、中受組でないR太郎になかなか面白いようで、社会を中心に楽しんでいます。まずはあれこれ手をつけたいのをぐっと堪えて、中2の数学と小学社会(応用)の2つで始めようかな。

ところで、貯めたポイントで遊べるゲーム『サプモン』よりもR太郎が熱中しているのが、『未来の教育講座』というカテゴリー。

R太郎が好きな漫画『インベスターZ』を使っての私立高校での講義イベントや、『ハーバード白熱教室』でお馴染みのマイケル・サンデルさんのお金に関する講座(英語版)も見ています。(なんだか今お金に興味があるのでね、、、)

さらにiPhoneアプリプログラミング講座もやりたいらしく、藤原和博さんの『よのなか科』の講座もぜひ見せたい。放っておくとこのカテゴリーに入り浸りそうです

そういう学びも大切でありがたいのだけど、そればかりになってもあれなので(笑)まずは5教科の中から1つ授業を受けたらアクセスできるお楽しみカテゴリーという位置付けにしました

これで1ヶ月980円。されど980円。Youtubeの無料ネット動画と変わらなければ無駄な出費なので、しばらく試してみて続けるか考えようと思います。

↓4月2日までの入会で2,000円キャッシュバックキャンペーン実施中です。




     


さて、去年、オンラインインタースクールGSAのモニターになった時にブログ村のランキングに復帰してそのままになっていました。

R太郎ももうすぐ小学6年生。親子英語に関してはもうそんなに書くこともなく、R太郎の活動もだんだんブログに書けないことも増えてきました。そんなわけで、有益な情報もないままにランキング枠を陣取るのも申し訳ないのでランキングの参加を取りやめることにしました。

ランキングからは離れますが、もう少しブログは続けていくつもりなので時々チェックしてもらえたら嬉しいです♪
これからもよろしくお願いします


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!(このブログは現在ランキングには参加していません。)
夜な夜な八朔ピールを作ってます☆
毎年この時期、ばぁばが段ボールいっぱいの広島・因島の八朔を送ってくれます。いつも同じ農家さんの無農薬の八朔なので、今年はその皮で八朔ピールを作ることにしました

クッキング男子R太郎と、昨日の夜は内皮をスプーンで掻き取って棒状に切って煮るところまで。一晩水につけ置いて、今日はお砂糖と一緒に煮詰めてザルに並べる所まで。明日は天日で乾かしてお砂糖をまぶします。湯煎したチョコも絡めたいそうなので、出来上がるのは土日かな~。思った以上に時間がかかりますね

でも、作業中あーだこーだと良く喋るR太郎と何日もかけてお菓子を作るのもなかなか楽しいもの うまく出来上がったら友達みんなにあげたいそうで本数を割り算して、
「うわぁ~足りなかったらどうしよっ」
なんて焦りながら味見でパクパク食べてるし

大丈夫、まだまだこの何倍もストックがあるから♪
出来上がりが楽しみです

   


とうとう大ブームの『英語物語』も全ステージをクリアし、感動の??エンデイングストーリーも観ることができました。

これからどうするの?

「ん?もちろんまだやるよ。
一度アカウント消してからやろうかなぁ~
でもせっかく手に入れたレアキャラは惜しいからこのまま続けようかなぁ~
ねえ、どっちがいいと思う??」



・・・・。
完全に英語の勉強のつもりではないようです。
オススメのアプリです(笑)



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
準1の過去問をやってみました
R太郎に大ヒット中の英語ゲームアプリ『英語物語』の陰で、『mikan でる順パス単準1級』アプリの単語・熟語をオールクリアしました

で、このアプリが終わったら一度過去問をやることにしていたので、予定通り2017年第2回のテストにチャレンジ

結果はReadingは7割以上、Listeningが8割以上の正解。
2016年以降の新システムで、採点は各回の受験者の相対評価(CSEスコア)になってしまったため、実際何点になるのかは自己採点できないのですが、、、

また、Writingの方は、この回のお題がR太郎にとって答えやすいものだったこともあって、最低限テーマから外れるようなことはありませんでした。また、取り組む前に旺文社のこのページでルールや評価のポイントなどを確認したので、形にはなっているように見えますが、これ以上は英語苦手なママには評価不可能です

ネットで拾ってきたCSEの配点では、今回のReadingとListeningの点数であれば、Writingが16点満点中11点以上で合格だそうです。まあ、ネット情報はあてにならないので参考程度に


それでも、ReadingとListeningは2015年までの合格目安の70%というのは一応クリアしていて、本人も受ける気受かる気満々
6月のテストはR太郎の希望通り受けることになりました

あと4ヶ月、ReadingとWritingの強化をすることにしますが、Writingはオンラインで見てもらった方がいのかな~。エッセイ形式のWritingをきちんとチェックしてくれる先生はそうそういないので対策に悩むところです。。。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
『西郷どん』から英語の本を読んでみる
今日はバレンタインデーですね

R太郎がプリスクールに通っていた頃はこの日は大イベント
1週間ぐらい前からクラフトも塗り絵も、読み聞かせの本や歌もバレンタイン一色、当日は一人一人手作りしたバレンタインバッグにお友達からのお菓子をた〜くさん持って帰ってきました。

小さなプリスクールといえど、ほとんど全学年の子に渡していたので、ひとつひとつに簡単なメッセージを書いてラッピングするのも、まるで親子内職のようでしたが
まあ、それも今思えばかけがえのない思い出ですけどね

そんな習慣が身についたのか、今どきの子だからなのか、小学校に入ってもこの日は「女の子から好きな男の子へ告白する日」という感覚が薄いR太郎。毎年男女問わず友だちと手作り友チョコなどを交換をしてますが、今年は放課後お友達のおうちでのバレンタインパーティーに参加するそうで。ママの時代は本命チョコを渡すのにドキドキ!という日だったので、ちょっとジェネレーションギャップを感じてます

   
 

さて、バレンタインとは関係ない話ですが、先週NHKの大河ドラマ『西郷どん』にジョン万次郎が登場したので、ちょうど良い機会とこの本を薦めてみました。



Heart of Samurai
Interest Level:Grades 6 - 12
Reading Level:Grades 3 - 8
ATOS:5.4
Word Count:51267



ジョン万次郎について書かれたニューベリー賞のオナーブックです。Amazon Prime会員はKindle版を無料で読むことができます
途中まで一気に読んで、

「面白いから次の西郷どんまでに読んどくね。」とのこと。

この本の著者はアメリカ人なので、幕末という時代に生きた人物の歴史を、大河ドラマと併せて日米の違う視点から知ることができたらいいなと思います



ちなみにR太郎お気に入りの超ビジュアル歴史シリーズ↓

もちろんこの本にもジョン万次郎が載っています。
どちらの本でも海風を受けたイケメンですが、『日本の歴史人物大事典』ではまるでONE PIECEのルフィな仕上がり♪(笑)
ただいまAmazonキャンペーン中につきKindle版なら199円。Kindle版を買ってiPadで読むのが◎
歴史に興味を持たせるのにおすすめですー

 



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
次の英検は受けるそうです(^o^)/ (2)
<※この記事は長文で読みづらかったので、投稿後に2つの記事に分けました。>
前編はこちら→


そこで次は二次試験の面接レッスンも試すことしましたが、これもDMMでこの教材に取り組むことができました。


※注 二次試験は2016年以降の新試験での変更はないそうです。

二次試験は英検2級の時に経験していますが、いきなり取り組んでも戸惑いそうなので、レッスン前に試験の流れだけ説明しておきました。

レッスン後の本人の感想は、
「面接試験の問題は簡単だった~」

ということ。試験形式は2級の時と似ていて、4コマ漫画を見ながらそのお話を組み立てたり、その漫画に関連した質問や社会問題などに答えるというものです。

今回のお話は、夜の帰宅に不安がある為に警察に相談したところ巡回するには警官が足りないと言われ、住民会議を開いて市民パトロールをすることに決めた、というものでしたが、確かに一次試験の内容に比べたら理解しやすそうだなという印象。

2分以内でお話を組み立てたり、質問される社会問題も準備なしではどう答えれば良いか困りそうですが、その辺は今までDMMでニュースを題材にレッスンを重ねて来たので、形式に慣れていれば二次は合格できそうな気がしてきました

でもまあ、一次試験が受からなきゃ二次も受けられないので今から浮かれても仕方ないけど


DMMで英検レッスンをしてみて、やはり準1合格の肝は語彙問題にありそうなので、『mikan でる順パス単準1級』のアプリを全クリアした時点で、一度過去問に取り組んでみるつもりです。

で、テーマが難しくてキッズ受検には最難関と言われるライティングにも実はまだ取り組んでないので、過去問後に改めて対策を考えることにします

小2で2級に合格した時は、過去問を2、3回やるぐらいで対策という対策はほとんどしませんでしたが、今回はがっつり対策することになりそうです。

ただ前回と違うのは、本人のモチベーションが高いこと。落ちてもいいから自分が今どれくらいできるのかチャレンジしたいそうなのでバックアップはしてあげようと思います



<※この記事は長文で読みづらかったので、投稿後に2つの記事に分けました。>
前編はこちら→


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!
次の英検は受けるそうです(^o^)/ (1)
今年の初めの、
「今年は英検準1級を受けてみたいな!」
というR太郎の希望から、試しに6月に受けてみようかと話しています。

<※この記事は長文で読みづらかったので、投稿後に2つの記事に分けました。>
後編はこちら→

そこで、1月はまず語彙強化としてiPadアプリの『英語物語』(TOEIC単語も拡張)と『mikan でる順パス単準1級』を導入したのですが、『英語物語』の方は本人が<「中毒になった、、」というほど熱中し全クリアも間近。(クリアしても続けたいそうですが

さらに『mikan』ちゃんの方は中毒性の薄いゲームですが、少しづつ取り組んでいるので、こちらもそろそろ単語部門はクリアします。

これでママの目論見『楽しく語彙強化♪計画』が安定してきたので、次はオンラインレッスンの方でも準1教材に取り組むことにしました

我が家のお世話になっているDMM英会話のレッスン教材としてこの本がオンラインで使えるので、まずはこちらから。



※注 上のリンクは最新版ですが、DMMで使えるのは2016年以降の新試験には対応していない旧版です。その為、新試験から大幅に変更されたライティングのパートはありません。

お気に入りの先生の中にこの英検教材に対応できる先生がいらっしゃらなかったので、新しい先生にお願いしてまずは前半の語彙問題からレッスンしてもらいました。でも、語彙問題は4択で単語を選ぶだけなのであまり意味がないかな、という感じ。R太郎も同意見だったので、次のレッスンでは長文読解をお願いしました。

準1級の長文は1年程前まではR太郎には難しすぎるかなと思っていましたが、今回レッスンを聞いていると問題なく理解しているようでした。知らない単語も内容から推測できる範囲で問題の正解率も悪くない。さらっと終えて、レッスンの半分はDaily Newsにシフトしています。

まずはこの本の「1日分」とされる3つの長文読解をレッスン3回に分けて受講して手応えはつかめました


<※この記事は長文で読みづらかったので、投稿後に2つの記事に分けました。>
後編はこちら→


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
↑いつも応援ありがとうございます!
リンク先には、親子英語のブロガーさんの参考になる日々の取り組みが満載!